ルチアーノショーとバロック 〜僅かな光に魅せられて〜


今日08日、新ルチアーノショー準備室の電話が開通した。
マイク・タケダと文人米澤詰め所と言われているが、まだインターネットがつながらないらしく、彼らのブログは来週当たり登場するかと思われる。
噂によると留守番電話でマイク・タケダのトークショーが聞けるとか、うまくタイミングが合えば文人米澤の人生相談に着信するとか。
早速夜になって電話してみたところ(笑)、かしこまったマイク・タケダの何の変哲もない留守番メッセージが流れていた(笑)。
マイクを運び忘れたというマイク・タケダにとって受話器は唯一のマイク代わりだ。

第11シーズンのBGMは“無音”ですかというくらい静まりかえっているという詰め所。
そこから何が発信されるのか楽しみだ。

最後の晩餐」のフォトセッションの最後、モデルのアントニーナの希望でスナップショットを撮影した。
ドレスの雰囲気も良く出ていたのでご紹介したい。
f0337316_19364288.jpg
アンナ “ひまわり” カレーニナのために用意されたドレス。

f0337316_19364140.jpg
よくお似合いで。

f0337316_19364182.jpg
なかなかこういうドレスが似合うレストランがありませぬな。

f0337316_19364172.jpg
2年程前、お茶目なアントニーナに向けて作られた“アンチョビーナ”という本人限定メニューも存在した。

そんな本日のBGMは、Sinfonia Concertante in E flat, K. 364: II. Andante by Mozart
私は赤坂ルチアーノショーのテーブル照明のように、頭上(天井)から一発垂直に落ちるピンスポットライトのようなライティングが好きだ。
まるでバロックのようで美しい。

※このスナップショットはステージの照明(3灯)で撮っている。
 バロックよりはモーツァルトだと思いこの曲を選んだ。

照明が一灯であるということは影も1つ。よって空間に迷いがない。
テーブルを挟んで向き合う2人も同じ景色が見えているに違いないからこそ「2人の世界」に入り込むのに適している。
バロックと2人の世界と言えばマイク・タケダの「バロックと二人の世界とルチアーノショー」がまさしくこのテーマを語り尽くしている。

f0337316_22055674.jpg
Vase of Flowers by BARTOLOMÉ PÉREZ 1690

バロック時代の絵画を見て「暗い」「重い」という印象を抱く人は少なくない。
しかし本当に「暗い」のだろうか。
色調としては確かにどす黒いものが多く、黒から焦げ茶で覆われた背景の中に突如原色の華や果物が描かれる。
f0337316_22140119.jpg

この時代は照明自体がなく(エジソンが生まれる150年以上前だ)、太陽光や月明かりなど常に“唯一”の光源しかなかった。
小窓を開ければそこから直線的に差し込む光線のみで被写体は照らされ、必然的に光が当たる箇所を除いてはほぼ真っ暗になる。
現代のような透き通った大きな窓ガラスがあるわけではないので、開けるか閉めるか(0か1か)という環境。
よってこのハイコントラストは“必然”だ。

f0337316_22161619.jpg

これ程までに光源に恵まれた現代、もし今全ての灯りが消え、暗闇の中小窓から差し込む光だけで何をしますか?と問われたら果たして絵を描くだろうか。
暗いというだけでパニックに陥ったり鬱になる人もいるかもしれない。
絵なんて描けたものじゃない!という人の方が多いのではないかと思う。
バロック絵画は僅かに照らされた被写体の一部をハイライトとして強調し、それ以外の部分をシャドーとして極めてハイコントラストに仕上げている。

私の独自の解釈はこうだ。
暗闇の中、そのほんの一握りの光に目を向け描き上げる心の持ち主は誰よりもそして何よりも明るい。
「明」「暗」という区別よりも希望の有無と言った方がいいだろうか。
他人がうつむいた時に星空を見上げるような人物ではなかろうか。
ない何がないではなく、あるこれがあるという心。
f0337316_21593166.jpg
赤坂ルチアーノショーのバーカウンターにて。

というわけで本日のBGM2は Partita No.2 IV. Gigue by J.S.バッハ(演奏ヒラリー・ハーン)

※私は過去にもヒラリー・ハーン女史のバロックな音色でコニャックを飲む。スピリチュアルリーディング的な。でハーン女史について熱く語っている(笑)。

私は決して模範的・優等生的な感性ではないので、このバロックに対する解釈も独自のものであることを申し添えておきたい。
12才頃から誰から教わるわけでもなくバロック(主にバッハ)に惹かれていった私は、今こうして写真を撮っても(露出アンダーなことはもちろん承知の上で)自ら進んでバロッキーなテイストに仕上げようとしているところを見ると、我ながら本質的な感性は歳をとっても変わらないものなんだなと実感する。
そういう私にとって、写真を撮るには(カメラマンにとっては)慢性的な光量不足の何もいいことない環境(笑)である赤坂ルチアーノショーは、人生におけるバロック体験の場だった。

ヒラリー・ハーン女史のバロッキーな音色に酔いつつ、今宵もまた赤坂ルチアーノショーに想いをはせるチャーリーであります。

Photographer: Charlie

Homepage
Facebook
Twitter
Instagram
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ
専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ(過去ログ)
専属カメラマン★チャーリーの部屋(過去ログ)

ルチアーノショー
TEL : 03-3531-4851

by charlie-ls | 2015-01-08 22:59 | 【赤坂】ルチアーノショー寄稿ブログ

カメラマン☆チャーリーのブログ


by チャーリー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31