アップル・ウォッチを身につけて気づいたこと。

ルチアーノショー寄稿ブログ

アップルウォッチが届いた。いつかは科学捜査に応用される(と思う)。

の追記・続編です。


★アップルウォッチに関連する投稿などを見ていると「隠し撮りが増える」というのをよく見かけるが、アップルウォッチにカメラは付いていないので隠し撮りの増減には何の影響も与えない。カメラリモートというアプリケーションがあり、これはiPhoneのカメラをリモートコントロールするためのもの。ウォッチをリモコンにし撮影はiPhoneで行うのであって、ウォッチ自体がスパイカメラのように振る舞うわけではない。2015/04/24

★iPhoneとペアリングする際、iPhone側のアプリがカメラ画面となってウォッチ全体を写すのは、おそらくQRコードと同じ仕組みかと思われる。よってウォッチにアニメーションで表示されている繊細な図柄(爆発した水風船のような)にシリアル番号等が刻み込まれていると考えられる。ウォッチのRetinaディスプレイによる表現力と、iPhoneの高画素(またはハイスピード)カメラによって為し得る新認証技術だ。2015/04/24

アップル・ウォッチの4次元バーコード(仮)について分析・検証してみた。


★アップルウォッチを手に持って操作していると、度々パスコードを聞かれることがある。操作する時は腕時計のように腕に装着した状態で行った方が良い。これは盗難・不正操作防止のための措置と思われ、腕に付けた状態から離れなければ本人の手元にあるだろう(その間はパスコードは聞かれない)というアルゴリズムだろう。2015/04/24

★アップルウォッチは標準で38種類が用意されているが、本体自体はスポーツ(アルミニウムの通常かスペースグレイ)、ウォッチ(ステンレスの通常かスペースブラック)、エディション(ゴールドのイエローかローズ)の3×2種類で、38mm、42mmの2サイズ以外に違いはないため、別売りのバンドを別途購入すれば、オリジナルの本体+バンドの組み合わせにアレンジできる。そして既に他社製のバンド(ベルト)も発売されているので、デザインという意味では本体さえ気に入れば、後はいかようにでもなる。iPhoneケースと同じく、いずれファッションブランド各社もリリースする気がする。2015/04/24

★2015/05/04、アップルから出荷完了のメールが届き翌日05日(火)に到着。SPORTタイプの38mmスペースグレイ(アルミニウムケース)とブラックスポーツバンド。WATCHタイプのスクエアケースと違い、こちらは横長のケースだ。2015/05/05
f0337316_10392546.jpg
f0337316_10411723.jpg

★充電直後に装着すると「熱い」という噂があるが、私の所有する2台(ステンレスとアルミニウム)は全く熱くならない。8〜10時間の充電直後に腕に巻いても、裏蓋が多少「暖かい」というレベルだ。充電状態は「100」と表示されている。
ご参考までに:
Apple Watch 「充電直後は熱くて手に巻けない」との悲鳴相次ぐ
http://news.livedoor.com/article/detail/10050799/
私は電源タップに直接差したApple Watch充電器で充電している。2015/05/06

★Apple Watchの通知機能があればiPhone本体を見なくて済むことが増えた。例えばテラスでコーヒーを飲んでいる時に、部屋の中からiPhoneのメール着信音が鳴った場合、急用かもしれないのでiPhoneを取りに行き(ちょっと前まではいわゆる“ガラケー”だった)、何だスパムメールかということも多々あった。ウォッチなら「通知」で差出人を見てスパムだとわかればそのまま放置できるので、細かい作業に集中しやすくなった。2015/05/06

★iPhone本体を見なくて済むようになった反面、iPhoneのバッテリー残量表示を見る機会も減った。よってウォッチにiPhoneのバッテリー残量を表示すべきだ。そもそもiPhoneがなければほとんどの機能が使えないので、ウォッチの電池切れ以上にiPhoneの電池切れの方が重要だ。ウォッチがなくてもiPhoneは使えるが、iPhoneがなければウォッチは意味をなさないのだから。2015/05/07

★朝09時から装着し夜02時までの17時間付けっぱなしの状態で、まだバッテリー残量「55」と表示されている。よほど頻繁に電話やメール、各種通知が鳴らない限り、そんなに消耗しない様子だ。2015/05/07

★合理的バランスの考察。アップル・ウォッチの通知に頼りすぎると電池の消耗が懸念されるし、ウォッチに通知されなかったものの見落としが増える可能性がある。仕事で使う場合、緊急性の高くないもの=例えばFacebookやInstagramなどから届く通知はオフにしておき、メールと電話の通知のみをオンにしておく。そしてこれまで通りのペース(周期)でiPhoneを確認すれば、ほんの少し席を離れた瞬間の着信音など、見落としがちだったものがウォッチによって改善され、ウォッチに頼りすぎて見落としが増えることもなくなる。何かをプラスすると何かがマイナスになる使い方は避けたい。2015/05/07

★直射日光や極度に明るい環境下で画面(時計)が見づらいんじゃないかという懸念に対して。見やすくもないが見づらいわけでもないというレベル。画面の明るさは3段階で調整可能。2015/05/08

★デジタルクラウン/ホームボタンとサイドボタンを同時に押すと、ウォッチのスクリーンショットが撮れることに気づいた。シャッター音が鳴り、即座にiPhoneに転送される。2015/05/08
f0337316_10521904.png
現在時刻の手前が少し空いているのは、これから24時間の気温ですよという印だろう。

f0337316_10513400.png
●どこに行っても「アップル・ウォッチですね!」と声をかけられる。関心の高さがうかがえる。よく質問されるのは「洋服の袖が振れて誤作動しませんか?」というもの。答えは全く問題なし。生地をどれだけ当てても、生地の上からどれだけ触ってもアップル・ウォッチは反応しない。2015/05/12

●腕を下ろすと画面は消え、時計を見るポーズを取ると画面が点くようになっている。「時計を見たい時に画面が点かないことはありますか?」と聞かれた。寝そべっているとそういうこともあるが、座っていたり立っている日常的な姿勢では極めて正しく反応してくれている。もし画面が点かない場合は、画面に触れるだけで点くようになっているので、人がアップル・ウォッチの動作に従う必要はない。2015/05/12

●しつこい勧誘電話など、着信拒否すると違う電話番号でかけてくるようになるので、iPhone側で「無音」対応した(他の電話は鳴ってほしいので「連作先」で個別に設定する)。iPhoneには「着信音なし」という設定がないため、1秒間の無音ファイルを作りiPhoneの着信音として設定した。無事音はならくなったが、アップル・ウォッチには無音にしたい旨が伝わらないため、ウォッチから呼び出し音が鳴ってしまう。これはウォッチの問題ではなく、iPhone側に「着信音なし」という設定を設ける必要があり、それがウォッチに伝達されなければ動作をシンクロできない。2015/05/13

Photographer&Engineer: Charlie

Homepage
Facebook
Twitter
Instagram
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ
専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ(過去ログ)
専属カメラマン★チャーリーの部屋(過去ログ)

ルチアーノショー
TEL : 03-3531-4851

by charlie-ls | 2015-05-13 18:42 | 【赤坂】ルチアーノショー寄稿ブログ

カメラマン☆チャーリーのブログ


by チャーリー
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30