噂の“30日スクワット”にチャレンジしてみた。

ルチアーノショー寄稿ブログ

お馴染みのロンドン3丁目(笑)の女性と話していたところ、噂の30日スクワットを始めたと言うから早速検索してみた。

↓こちらで検索どうぞ。
https://www.google.co.jp/#q=30日+スクワット

足を肩幅以上に開き、腰を地面に水平になるところまで下ろすこのスタイルは、海外でSUMO SUQAT”(スモウ・スクワット)と呼ばれている。

1日50回から始めて少しづつ回数を増やし、30日目には250回を達成するというもの。

「きっかけは?」
「どうみても大変そうだから、やってみようと思って」
あなた、必要ないでしょっていうスタイルのルブタンのハイヒールが似合う女性だが、そういう人程体型維持に努めているもの。

最終日の1日に250回って、20回×12セット半だから、1時間に1セットやっても13時間かかるってことですな。
どこかで1セットあたりの回数を増やしていかないと、時間的にもなかなか忙しく、「時間がない」で逃げやすいメニューとも言える。
聞いてるだけで大変そうだ。

そして彼女は見事達成した。その後も続けている。
その精神力に恐れ入った。ま、そういう人じゃないとやってもらっては困る職種(元)だが(笑)。
ジェームズ・ボンドが「今日筋肉痛なので休みます」とかナシだし。

/*
スーパーマンのコスチューム着てスクワットやってるところをビデオに撮って送ってと頼んだところ、スーパーマンのコスチュームを購入する勇気がないから買って送ってという返事が来た。
f0337316_11271147.jpg
ちゃんと女性向け「スーパーウーマン」もあるようだ。

撮影後クローゼットにかけているソレを見られたらマズイのだろうか。合衆国は敵国でもないのにとか、高いIQが邪魔するのかとか勘繰った。
いざコスチュームの検索を始めて見ると、私にも注文する勇気がないようような気がしてやめることにした。
特に見たいわけでもないし(笑)。
*/

そこで昨年の48時間断食よろしく、世の中の女性達が、どれ程までにダイエット・体型維持(または更なる高みを目指して)に努力しているのかを自ら体験してみようと思い、私もやってみることにした。
※他人のことを評価するのは簡単なので、まずは自分もクリアしてみなければならない。

私は元々痩せ形で極めて健康なので(冒頭の女性もそうだが)、特に目標がない“無風”状態で行うトレーニングは、より強い志が求められる。
※で、「やり甲斐」を加えるために、自主的に腕立て伏せも追加した。

通常メニューでは3日やったら1日休む様子。その代わり回数増加のペースが早いので、私は休まずに少しづつ追加することにした。
参考リンク:
https://www.google.co.jp/search?q=30+squat&hl=ja&biw=1555&bih=1181&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0CAYQ_AUoAWoVChMIyILBlLiixwIVyLCUCh2gbQIg

↓私のはこんな感じ。
f0337316_11272507.png

07月10日(金)スクワット50回、腕立て伏せ20回から始めた。
スクワットも腕立て伏せも、連続ではなく20回(途中から30回)づつに分けた。

腕立て伏せはもともと私の身体(や、mtDNA的に合うようで、10年程前に毎日100回×4セットやってスーツの肩のところが破れたという間抜けな過去があり、今回は控えめに行うことにした。イイ歳してケンシロウ目指してもしょうがないし。

スクワットは毎日+5回、途中から+10回とし、腕立て伏せは毎日+1回、途中から+2回、更に後半+3回という増加ペースにした。上記の表で色分けしている。

結果、無事達成
1日も休まなかった。
ただし、1回だけ鏡(全身)を見ながらやってみたところ、我ながらくじけそうになった。自分のアホズラに圧倒され、鏡に映った自分に「どうですか景気は」023.gifとか話しかける「己」に対しいろいろと考えることがあった(笑)。

人生、常に自分との戦いだ。

2〜5日目にはこの先続けられるだろうかと不安がよぎる程の太ももの震えに見舞われた。
その後は意外にスムーズに軌道に乗り、1日100回を超えたあたりでまた太ももに若干の震えが走った。
200回にも達すると結構な労働だなと感じたし、スクワット中何か他のことでも考えないと退屈で、時間を無駄にしているような気持ちにもなり、じゃぁスクワットをしなかったから他の(もっと素晴らしい)ことをするかというとそうでもないな(笑)と、よく知る過去の自分を振り返り乗り切った。
※かといって、スクワット>人生ってわけじゃないが(笑)。

スクワット中、本を読んでみたがほとんど文字は読み取れなかった

/*
そう。
「時間の無駄」という言葉を使う人程、普段どんな高尚な時間の使い方をしているのかと観察してみると、決まって何か生み出しているわけでもなければ、大して他人から尊敬されるような人でないことが多い(笑)。自分がやりたくないことを適当な理由をつけて「無駄」と切り捨て、やらなくていい方向に持っていきたいだけだったりする。苦手なもの排除思考とでも言おうか。あなたもやりましょうと声がかかる前にバッサリ切り捨てておく的な。
この話を他人にすると、「誰も思いつかなかった」という人が一人もいなかったという面白いデータを持っている(笑)。
*/

f0337316_11553560.jpg
私が思うに、ビリーズブートキャンプといい、アレやコレをちゃんとやりとおせる人って、元々“軍隊気質”な気がする。

だから、痩せたいとか目標もない私がやり遂げるには、ただひたすらに「他人の努力を自ら体験し、サンプルデータを収集する」という調査・分析が目的なのだと自分に言い聞かせた。
何事も、意味があるかないかよりも、意味を持たせ、意味を見いだせるかどうかということじゃなかろうか。

※ま、ロンドンに「三日坊主だった」三日坊主の意味を説明することになるくらいならやり遂げようというツマラナイ理由もあったことは確かだが(笑)。

かといって、ただ後ろを追っかけて同じことをやってみてるだけでは能が無いので、せっかくならより多くの「意味」を見いだそうと思い、エクササイズとダイエット効果について研究してみた。

その結果、07月10日から08月08日の30日間で2Kg痩せた
このままいけば次の30日間(09月07日)までに更に2.5Kg痩せるだろうことをエクセルの折れ線グラフが示している(笑)。

※30日スクワットを達成した翌日(08月09日)以降は、毎日スクワット150回、腕立て伏せ80回を維持している。

もちろん痩せ形の私に痩せたい願望自体がないので、30日スクワット以上の運動は何もやっていない。
ほとんど歩いていないし、むしろ普段より引きこもっていた30日間だ。

※ちなみに30日スクワット自体は有酸素運動ではないので、ダイエット効果はほとんどナイと考えた方が良い。継続し足腰に筋肉がつくことで、いずれは脂肪燃焼効果が認められる可能性はあるが、早くとも60日以降ではなかろうか。

というわけで次回はその“チャーリーズ・メソッド”をご紹介したいと思う。

参考動画:SUMO Squat

Photographer&Engineer: Charlie

Homepage
Facebook
Twitter
Instagram
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ
専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ(過去ログ)
専属カメラマン★チャーリーの部屋(過去ログ)

ルチアーノショー
TEL : 03-3531-4851

by charlie-ls | 2015-08-13 11:56 | 【赤坂】ルチアーノショー寄稿ブログ

カメラマン☆チャーリーのブログ


by チャーリー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31