Twitterとt.co問題。MacOS El Capitan Safari

MacOS 10.11 “El Capitan”にアップグレードすると、Twitterにつながらなくなったり、Twitterの短縮URL用ドメインであるt.coもつながらなくなるという問題を見聞きした。

Safariに限ってだが。

私もあまり普段触っていないパソコンで同様の問題が起き、調べてみたところ、SSL周りの証明書問題だという説もあったが、私が思うに、恐らくは関連するクッキーを削除することで解決する。


Safariの環境設定からプライバシー/「すべてのWEBサイトデータを削除」の下の「詳細」ボタンから、Twittert.coが含まれるクッキーを削除する。全て削除でいいならそれが早い。
※クッキーと表記しているが、キャッシュやローカルストレージデータもまとめて削除される。

問題が起きている際、telnetでtwitter.com 80に接続しても正常なので、ネットワーク上の問題は起きていない。
Chrome、FireFox、WaterFox、Operaでも問題が起きないので、証明書の可能性は低く、Safari固有のデータに問題が生じていると考えた方がいい。

そこで問題の起きたパソコンとそうでないパソコンを比較した際、問題が起きたパソコンは、YosemiteからEl Capitan移行時にSafariのクッキーを引き継いでいた。半年ほどリセットも削除もしていなかった。一方、問題の起きなかったパソコンはクッキーを引き継いでいない(毎回リセットしているから)。

問題の起きたパソコンから、Twitterとt.co関連のクッキーのみを削除すると解決したため、これが原因かと思われる。

念のため下記も行った方が良いかもしれない。
OS X で DNS キャッシュをリセットする
https://support.apple.com/ja-jp/HT202516


追記:それでも改善されないという知人を発見した(笑)。下記を勧めてみたところ、改善された(今のところ)そう。
Safariの環境設定/詳細/「メニューバーに“開発”メニューを表示」にチェックを入れる。→メニューバーに表示された「開発」から「キャッシュを無効にする」を選ぶ。

更に追加:更にそれでも改善されない知人の状況を観察してみたところ、「すべてのWEBサイトデータを削除」した後、しばらくは問題なく、ある程度時間が経過するとまた同じ症状が出ることを確認した。上記の「キャッシュを無効にする」でも改善されていないことから、どうやらクッキー周りに問題があるようだ。プラグインなどは全て無効化しても変化がない。改善策を探っている。

01月23日(本日)、下記の記事が出ていたので、利用者側固有の問題ではなさそうだ。

OS XのSafariでTwitterの「t.co」リンクが開けない問題はAppleも認識しており、次期アップデートで修正されるもよう。

http://applech2.com/archives/47601230.html

現時点では、クッキーを削除し続ける他、良い案がない。

追記
本日(2016年03月22日)公開されたアップデート(El Capitan 10.11.4)にてこの問題は修正され解決した。

JAPAN MENSA会員
AEAJアロマ検定1級(笑)

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)


by charlie-ls | 2015-12-14 12:42 | 個人ブログ | Comments(0)

カメラマン☆チャーリーのブログ


by チャーリー
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31