拉致・拘束し、スウェーデンへ。Mission Gingivalis的な。

彼女に捧げるBGMは Mission Impossible がよく似合う。

※今回は時系列記号A,B,C,D,E,Fを振ってみた。


【E】以前ちょっとした付き合いのあった西側諸国の女性(以下ハンナにする)が現在ジャーナリストとして活躍していて、少し前から接触を試みていた旧ソ連圏出身(現在東欧在住)のまだ20〜23歳の女性(以下アレクサンドラにする)を拉致・拘束してスウェーデンに連れていった“レポート”が来た(笑)。とある日の真夜中に。

※ハンナはお馴染みのロンドン3丁目(笑)の女性(最近は“髪金英子”と呼んでいる)ではなく、私はアレクサンドラと面識はないし、いずれも実名ではない。

ま、細かいことは聞くもんじゃないが、連れてった先が歯医者だから面白くてemoticon-0136-giggle.gif差し支えない範囲で書いてみたくなった(笑)。


【C】ある日「歯医者に連れていくならどこがいい?」と相談されたから、事情を考慮してスウェーデンと答えた。周囲の話しを聞いている限り、旧ソ連圏は歯周病外来があまり進んでないようだし(それでも日本と変わらないくらいの罹患率だ)、アレクサンドラは2重国籍でシェンゲン国のパスポートも持っている(東欧、旧ソ連圏の人にはよくあること)とのことだったから、ビザなしで行けて比較的近くて、外交的に当たり障りなさそうで、歯周病治療が進んでいるスウェーデンをすすめた。


【A】アレクサンドラはしばしばメディアに出ている女性で、ハンナは仲良くなるためのきっかけを探っていたらしく(そこでプロファイリングを手伝えと強要されて(笑))、渡された資料のある映像を見ていたら、アレクサンドラが歯ブラシだけ持って憂鬱な表情で映っているものがあり、すぐに現地語の翻訳を依頼したところ、「歯磨きだけで歯ぐきから血が出る“繊細”な私は歯ブラシ選びが大変」と話していた。多くの映像を見直したところ「口臭」ケアにも相当神経質な様子だったから、私は、「歯周病(侵襲性(若年)歯周炎)検査の提案をきっかけに」(親しくなる)と提案した(笑)。


【B】既に現地入りしていたハンナは、ここぞとばかりに接触のチャンスだと思って、歯周病に詳しい歯科関係者を装い(笑)、本人に映像を見た旨伝え、侵襲性歯周炎の疑いを指摘し、その街で一番イイと言われている歯医者を手配したが、「虫歯はありません」で片付けられたそう。

f0337316_22095358.jpg
現地入りしたハンナの様子。じゃなくてイーサン・ハントを演じるトム・クルーズ。


【D】しかし、アレクサンドラに強い口臭もあったことから(ココで【C】の相談)、「もし問題なかった場合は費用を全部出すからスウェーデンに行きましょう」(このままじゃ歯を全部失うわよemoticon-0121-angry.gif)と説得したらしい(笑)。結局の所同意の上でだが。

まるで工作員だ(笑)。ヒューミントの教科書通りだが。

と言っても、別に寝返り工作とかをはかっているわけではなく、お金(ギャラ)ではない理由で優先的(独占的)にインタビューできる関係を築きたかったそう。どこまでもジャーナリストだ。


【F】スウェーデンの歯科では侵襲性歯周炎の原因菌であるアグリゲイティバクターAggregatibacter actinomycetemcomitans)にジンジバリス菌(Porphyromonas gingivalis)も検出され、今すぐ歯を失う程ではないが、既に何本かの歯は揺れていたそうで、現地で治療することになったという“レポート”だった。

アレクサンドラは治療の有無にかかわらず虫歯ゼロという健康な歯の持ち主で、本人曰く、数年前にとある国へ旅行に行ってから急激に悪化したそう。確かに虫歯がなければ歯医者にも行かないし、行っても歯周病専門医でなければ相手にしてくれない。


ハンナに「早いとこ歯科関係者じゃないことを明かした方がいいよ」とすすめたのは【E】と【F】の間。本人に伝えたところ「治れば貴女が誰かは気にしない」と言われたらしい(笑)。

結果、「歯ぐきの恩人」として感謝された上に、取材も快諾してもらえ、仕事は無事うまくいったようで、私はハンナから気休めの報酬をもらうことになっている(笑)。モザンビーク旅行は勘弁してもらいたいが。

f0337316_22250748.jpg

ということもあり、私の細菌研究が加速した。
やはり直接業務(?)に関わってくると学習も楽しいし、しっかり頭に入る。まだまだ細菌プロファイラーにはなれないが、これで若い女性の歯ぐきが助かるなら、1つの成果じゃなかろうか。と自画自賛してみるemoticon-0122-itwasntme.gif

くれぐれもジンジバリス(人事部のハリス)には用心していただきたい。
なおこのブログと歯周病菌は自動では消滅しない。

それでは今宵も良い歯ぐきを。

チャーリー(
JAPAN MENSA会員

AEAJアロマテラピー検定1級
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
AEAJ認定環境カオリスタ
AEAJ個人正会員
JAMHAメディカルハーブ検定1級
JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)
by charlie-ls | 2016-08-08 22:43 | 個人ブログ | Comments(0)

カメラマン☆チャーリーのブログ


by チャーリー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28