サイキックはいない?いるかも。いや、いるいる。量子論的に。

そうです。私はサイキック(ハイキックじゃなくて)ですemoticon-0122-itwasntme.gif

3週間ほど前。
「ロゼ・ワイン一緒に飲みましょ」と誘われホイホイと街に繰り出した、ある晴れた昼下がり。
築地市場に続く道を歩きながら、仔牛が売られて行くのをイメージしつつ、洒落たカフェテラスで「昼ロゼ」の誘い主である外国人女性のハイテクな相談に乗っていたところ、一緒に来ていた知らない女性がドラマメンタリストが好きだというから、最後まで名前も知らないまま盛り上がった。

帰り際、ところでアンタ誰?みたいなノリで。

相談主が「そういえば、この人も見えるのよぉemoticon-0133-wait.gif」(「この人もペテン師なのよぉ」じゃなくて)と私を指したところ、じゃぁ何かやってみてよ」と突然宜保愛子退治した(と当時の週刊誌は表現した)大槻教授のような顔で迫られたので、無駄な力(笑)を消耗したくなく断った。

するとその女性は「パトリック・ジェーン(*e1)もサイキックはいないと言ってるでしょ」と言い放ち(パトリック・ジェーンが言えば本当だという証明がないんだが)、コンビニに行ってくると席を立ったので、私はパトリック・ジェーンに対抗心を燃やしたか(笑)、はたまたサイキックはいないことが気に入らなかったのか(笑)、「じゃぁ、コンビニのレシートもらってきて。金額打ち間違ってるから」と伝えた。
(*e1)メンタリストの主役、サイモン・ベーカー。

7分後くらいだろうか。100メートルを8秒33(世界新)くらいでゴールしそうな彼女と、その後ろを銀メダル狙いか8秒47くらいで追いかけてくるコンビニの店員さんに眼が行った。

押収した証拠物件はコレだ。記念にもらったが(笑)。

f0337316_09405799.jpg
彼女が756円を支払うのに1,000円渡したら、100万円渡して99万9千244円のお釣りを受け取ったことになっている(笑)。

コンビニの店員さんが追いついたので万引きでもしたのかと身構えた(名前も知らないこの外国人女性の身元保証人になると覚悟した)ところ、彼女はレシートとお釣りを受け取って商品を置いてきたらしい(笑)。あまりに驚いて。

金額を打ち間違えたのでできれば回収と言われたが、できればくれと頼み込み、この証拠品をもらった(笑)。

サイキックはいた。

川口探検隊的に。

アノトキノ・イノキはアリキックでアリ・モハメドを攻め立てたが、私の場合、見えはしないんだが、たまにそういうが働く。割としばしば(pretty often的な)。特にブログネタになりそうだと感じると(笑)。
口からポロっとこぼれるように勝手に出てくるから、透視した霊視したとか、そういうものじゃない。

だから宜保さんのように退治しようと考えないでほしい。

で?
という話しなんだが、我ながら。

f0337316_09464472.jpg
「あっ!そのまま」と静止してもらい撮らせてもらった女性の手。

重要なのはココからだ。毎度のごとく。
--------切り取り線--------↑スピリチュアル--------↓量子論--------切り取り線--------
これまでも、どういうタイミングでこういったが働くのか自分でもわからなかった。例えば52枚のトランプから宣言した上で4回「7」を引いてみせるとか。宣言した上でクジを当てて見せるとか。
が、どうやら、極めてどうでもいい───例えば「パトリック・ジェーンが言った」とか───そういうスルーすれば良いこと大人なら聞き流すことにわざわざ反応して突如脳にスイッチが入るような気がする。

残念ながら(笑)。

サイキックがいるかいないかは、どっちにしても今の科学じゃまだ解明できないからワカラナイ
ただ、量子力学のこの時代、ナイ証拠がない限り、アルだろうと考える方が当たる可能性が高い

シュレディンガーの猫のようでもあるし、理屈的には悪魔の証明でもある。

辺りを見渡して居なければイナイで済んだのは、量子力学以前の自己(人間)中心的な世界であり、天動説のような発想だ。〜20世紀初頭的思考回路。
一方、量子力学時代の考え方は、観測すると結果が変わる(*e2)(ことがある)ので、観測しない方が事実を確認できるかもしれないという、一般(古典的)常識で言えば矛盾しているような重ね合わせの中に生きている。

(*e2)「二重スリット実験:量子計測:研究開発:日立」をご参照いただきたい。

1,000人集めて1人もいなくても、イナイことの証明にはならない。標本調査の標本の中に居なかった、または推定したい母集団に0.1%たりとも含まれていないことを確率的に示すだけであり、73億人全員を調べない限り(全数調査)、イルかイナイかは最後までわからない。※調べているうちに新しい生命が誕生するし、唯一「居た」はずの人が亡くなり真相は闇に葬られることもある。

そして更に観測しようとすると結果が変わるかもしれない。「そんなの絶対ない!」と言っているそばからソレが発生するシーンを非常にしばしば(very often的な)見かけるように、自分が知ってる世界は「全体」から見れば限りなく「ゼロ」に等しく、自分がナイと思ったら、世の中にはアル可能性が高い。
※むしろ「ナイ!」と言っている間は、「アル」ことを観測しようとしていないので、見てないところに「アル」が存在し得るのかもしれない。

/*
観測すると結果が変わる:その性質を利用するのが量子暗号理論であり、例えば第三者が通信を傍受して解読しようとすると変異・変質する。見て欲しい対象者だけが開くまで、誰も手出しできないという暗号技術。
古い記事だがご参考までに。
量子コンピュータの基礎の基礎「量子重ね合わせ状態」に挑戦する
http://www.itmedia.co.jp/news/0305/27/nj00_ryoushi.html

*/


f0337316_09540621.jpg
銀座でよくすれ違うパトリック・ジェーン(サイモン・ベーカー)。最近iPhone6のピントが危うい。

例えば「そんな理想を絵に描いたようないい男いるはずがない!」という女性には、「少なくとも今貴女がリストに書き出す条件をクリアする男性は必ずいる」と伝えたいし、「かといって貴女が出会えるかというとそれは不明」とも伝えたい。出会った後に、相手が気に入ってくれるかどうかとなると可能性は低い。
「条件化」できるものは、既に実在しているものを見聞きしたか、社会通念上「良い(優れている)」とされている=他人が既に評価しているか、或いは誰かの空想(思考上の存在)を見聞きしているから、既に宇宙の「メモリ」には刻まれている。
※時代が変われば好みも変わるなら、それは自分の好みではなく、その他大勢の平均的な評価に基づき「これがいいに違いない」と相対判定している「トレンド」的好みだ。

「背が高い人がいい」なら背が高いか低いかの二択だし、「お金持ちがいい」ならお金もちか貧乏が真ん中かの三択だし、「ハンサムな人がいい」なら、不細工か美形かの二択だし、特にスゴイ創造(想像)物ではなく、見たことのある人を部品化していいとこ取りしているに過ぎない。ブュッフェ(バイキング)料理と同じだ。見たことのない、例えば「足はタイヤで、ハネが生えてて、水陸空対応の人がいい」という条件を掲げる女性は、統計上いないに等しい(笑)から、理想の条件を満たす男性は、実在する可能性の方がはるかに高い。

/*
条件に「かつ、世界中の誰よりも私のことを愛してくれること」と付け加えると、途端に存在する可能性が「ゼロ」に等しく感じるようならば、自分が愛されない(魅力がない)ことの証明をしようとしているのであって、理想の男性が居ないことの証明とは無関係だ。
※相手にケチ(条件)を付け続けると自分も虚しくなるという式だ。
*/


冒頭の話しに戻ると、「サイキックはいない!」と断言する女性の目の前だからこそ、あたかもサイキックがいるかのような(当該女性が「居る」と信じるに値する)事象が私という個体を通じて生じたのだろうと思っている。

/*
こういう“事象”は宗教的に言えば、人々を惑わせる「悪魔のしわざ」まやかしであり、焼くなり払われるなり退治されるなりされてきた。自分達の信じるものよりスゴそうなのが出てくると困るし。中世ヨーロッパのキリスト教社会では、アロマセラピスト(ハーバリスト)が焼かれてたくらいだ(魔女狩り)。「医者が治せないのに何でアンタが?」という理由で(笑)。
*/


だから私がサイキックかどうかは全く重要ではなくて(恐らくはがと固定されて存在するものではない)、「いない!」と言うと登場する「あまのじゃく」的な、言い換えると、観測しようとしない方がその存在が確立されるかもしれない量子論的な事象である可能性がある。サイキックというのは(倒置法的に)。
※実質的には再現性を奪うことで、客観的な立証を困難にし、確率や統計学上「ナイ」ことになる(検出できない領域まで希釈される)と言った方がいいだろうか。

ま、2人の女性によって目視はされたんだが、ビデオに録画しようとするとこの事象は起こらない気がする。イカサマ霊能者が、カメラや大勢の人がいると「何らかのエネルギー」が働いて、本来の力が発揮できないと弁解するソレにも似ているが(笑)、私はサイキックで売ってるわけではないので、ソコはどっちでもいい。

量子力学の概念が一般化(普及)すればするほど、またスピリチュアル系とかちょっと前までは「非科学的」の一言で片づけられてきたものが、盛り返すんじゃないかと思う。形を変えて。大した根拠もなく自分が「見たことがない」というだけで否定する方がよっぽど非科学的だから。

これまでも何度か書いた事例だが、何度買っても宝くじに当たらない人が、「全く当たらないし、実際に当たったことのある人に会ったことがない。イカサマじゃないのか」と言い出すソレと共通する視点だ。宝くじに当たるのも、当たった人を探すのも同じくらい大変だ。いやもっと大変かもしれない。出会えても自分に証拠を見せてくれるとは限らないし(前述の「理想の男性」と同じ)、不審に思われて「私は当たってない」と嘘をつかれるかもしれない。なぜならその当選者は、見ず知らずのどこの馬の骨ともわからない誰かに、証拠を見せてまで当選した事実を信じてもらう必要もなければその価値もないからだ。

だとすれば、どうにもこうにも「真実を知ることができないキャラ」で生まれてきている人もいる可能性さえある。

そう考えると、知りたい(観測したい)側が見ようとすればするほど、真実は逃げていくかもしれないのだから、「重ね合わせ」の理論は直感的に正しいのだろうと私は思う(数式的にはわからないから)。

冒頭の“昼ロゼ”女性の「ハイテクな相談」とは、量子暗号でリードしている日本企業にヒアリングしたいらしく、事前に予備知識を教えろという内容だった。ちょうどいい連れとタイミングでオモシロイ事象が生じたので、十二分に盛り上がったよ的なことを書き起こしてみた次第。

参考資料:第71回 秘密の鍵は光に乗せて −量子暗号の仕組み−

チャーリー(
JAPAN MENSA会員

AEAJアロマテラピー検定1級
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
AEAJ認定環境カオリスタ
AEAJ個人正会員
JAMHAメディカルハーブ検定1級
JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター
ITパスポート試験合格(笑)。

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)
by charlie-ls | 2016-09-26 14:19 | 個人ブログ | Comments(0)

カメラマン☆チャーリーのブログ


by チャーリー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31