差別、区別、識別の違い。

今回はこのテーマ。

ポリティカル・コレクトネスとは? 「平等」の本当の意味が面白い
http://www.huffingtonpost.jp/yuko-fujisawa/political-correctness_b_8802070.html

なぜなら世の中は仏教の「平等」が実現するような「何にも軸を置いていない状態」に耐えられないからです。多くの人にとって、最強のカオス状態である「無」は非常に恐ろしいものです。

オモシロイ。その通りだ。

日本語で言う「差別」が仏教語だったとは知らなかった。

白人・黒人・黄色人種と分けると差別だと言う人もいるが、そこに何かしらの歴史的な「優劣」があると思うから差別だと主張するのであって、元々の肌の色は事実であり、そういう遺伝子なのだから受け入れるしかないし、無視(視覚から除外)されなきゃいけない筋合いでもないし、何色の洋服を着ているかと同じレベルで認識されれば良いことだ。

/*
少し話しはそれて、記事にある動物愛護の例えはオモシロイ。人間が上から目線で考えなければ「愛護」はできないし、ソレが人間にはできると思っていることを「思い上がり」と考えるのか、やはり区別して能力差を認める(=立場をわきまえ棲み分ける)べきと考えるか。これは以前紹介したフラットタックス制度にも同じことが言える。富の再分配は、富を持つものがそれ以下を養える(背負う)という考えのもとにあり、人間同士に優劣があってはならないと考えるならば、税率は揃えなければならない。
*/

洋服がない世界だったとする。例えば全く同じ色・デザインの水着を着た人達が浜辺を歩いているシーンでもイイ。「ヘイ!」→「そこの白い男」or「そこの黒い男」or「そこの黄色い男」と呼んだとしても本来は差別でも何でもない。名前と同じで識別だ。

浜辺で名前も知らなければナニジンかも知らない水着姿の白人・黒人・アジア人の3人を確実に特定するには、髪の毛の色や肌の色、体型くらいしかない。もし全員同じ背の高さで体型も同じで髪の毛の色も同じだったら肌の色が一番わかりやすい。「目の色」というのもありだが、遠くからは識別できないから一番合理的なのは肌の色だ。

だから白・黒・黄色で呼ぼうと、それは識別符号でしかない(感情を持つ必要がない)。

「意識しない」というのはそういうことであり、肌が白いことを忘れろとか、黒いことを考えるなとか、黄色いなんて感じるなということではなく、色覚がある以上ヒトは色を認識・識別する。そこに優劣をつけるなということだ。

飼い主が金髪のペットは、黒い髪だらけの日本に来ると金髪を見るだけで飼い主だと思いしっぽを振って走っていく(笑)。ソレを差別だとは言わない。識別(するための材料の1つ)だ。

なぜか黒人が「黒い」と言うこと自体を差別だと言う人もいるが、その時点で上から目線であり、黒いことが何か劣っているという思想・感情または先入観に基づいている。それこそが差別の始まりだ。

そして「この名前は●●出身に多い」とか、意識しすぎて名前も呼べなくなる。
※日本ではこの漢字が付く名前は部落出身だ、朝鮮半島出身だという投稿も非常にしばしば見かける。

じゃぁ名前も差別要因となりうるから廃止するとした場合、0,1,2,3,4,5と番号を振ったところで「4」「6」「9」「13」は嫌われる(当たった人は「公平じゃない」)とかそんな話しになって、全てゼロ(または全て1とか)なら均等(平等?)かもしれない案が出る。そうなれば平均的な人ほど耐えられない社会になるはずだ。なぜなら「指す」ことができない(とても困難だ)から。

相対的な違いが最も少ないのが「平均」であり、その最大の特徴「周囲と大差ないこと」であって、「おい平均!」と呼ぶと50%の確率で対象者以外が振り向くことになり識別できない。
※「普通であることの勇気」で書いた制服と個性についての話しが関連している。

もちろんココでは「差別をなくす」というテーマだから、優劣のうちの「劣」に関わる識別方法は除外しなければならないので、見方を変えるとそれなりの「優」がなければ識別できないことになる。

※優劣のだけとったとしても人類幸せにはならない。「褒める」ことが存在する限り「褒められていない」人が存在するのだから。

「昨日の天才」とか「あの部屋にいるVIP」とか「さっきのスゲー美人」とか「今通り過ぎた超ナイスバディ」とか。よほどの大人数でなければ、大方特定の1人を指すことができる。「上位2%」も50人以内の集団なら重複する可能性が低いから「おいメンサ会員」でもイイ。すなわちその集団において1人しかいない「優」を持っていなければ、該当者が2人以上になってしまい、どちらを指しているのかわからないという事態に陥る。

/*
メンタルヘルス・マネジメントII種のテキストに「いつもと違う」ことの判別方法について書かれていた。日頃からミスが多い人は、ストレスによってミスが生じたのかどうか見分けが付かないとしている。人は相対的な感覚で他人を見分けていることがわかる。詳しくはタンブラーにて。
*/

そして残念なことに、気の利いた呼び名が見つからず、語彙が乏しい人達が集まると、お互いを手っ取り早く合理的に指し合うことができないイライラが募り「おいチビ!」とか「そこのデブ!」などが始まる。

「バカ男」とか「キモ男」と呼べば皆が確実にあの人だと解るなら、結果として「優劣」が呼び名そのものになっていく。恐らくはいじめの始まりにもなるだろう。

よって「均等」の先には破綻しかない。

記事が言う「最強のカオス状態である「無」は非常に恐ろしい」とはそういうことじゃなかろうか。

だから以前紹介した足の長い少年は賢い(笑)。「足が長い」のは事実だが、「カッコイイ」は主観なので、それを区別している。恐らく差別・識別・区別の違いも理解できるだろう。

少なくともこの3次元空間+時間という世界に生きている限り、前後・左右・上下とか、先に到着・後から到着とか、ずっと頑張ってきた・今始めたなどの「順番」が生じるのはやむを得ない。

「先住民はもっと前から住んでいた」という話しから、「動物はもっと昔から居た」という流れになることもよくある。だったら菌類に譲りましょうかそろそろということにならないか。

「無」とか「均等」を実現するには無理がある。時空という絶対基盤自体に。

参考資料:

ポリティカル・コレクトネス: political correctness、略称:PC、ポリコレ)とは、日本語で政治的に正しい言葉遣いとも呼ばれる、政治的・社会的に公正・公平・中立的で、なおかつ差別偏見が含まれていない言葉や用語のことで、職業性別文化人種民族宗教ハンディキャップ年齢婚姻状況などに基づく差別・偏見を防ぐ目的の表現を指す。 -Wikipedia


※『優れた能力は“発信”しよう。自慢ではなく事実を示せばいい。』の続きは次回以降に。

チャーリー(
JAPAN MENSA会員

AEAJアロマテラピー検定1級
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
AEAJ認定環境カオリスタ
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
AEAJ認定アロマブレンドデザイナー
AEAJ個人正会員
JAMHAメディカルハーブ検定1級
JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター
JAMHAハーバルセラピスト試験合格
ITパスポート試験合格(笑)。
情報セキュリティマネジメント試験合格
臭気判定士試験合格
薬学検定1級合格
HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1試験に合格。
個人情報保護士認定試験に合格。

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)


by charlie-ls | 2017-03-07 11:20 | 個人ブログ | Comments(0)

カメラマン☆チャーリーのブログ


by チャーリー
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31