<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

個人ブログ

マイケル・サンデルの白熱教室風タイトルにしてみた。

スカイマーク社がある路線のキャビンアテンダントの制服をミニスカートにした。
おもしろい発想だと思う。
何がって、今までの日本に一番「なかった」発想だから。
日本にいると、クレジットカードとか大人向けのサービスでも「キティちゃん」とか何でここに描かれてるのっていう絵柄が多い。
「ハローキティ」は世界に誇るキャラクターだし、もはや“産業”だ。偉大だし、個人的にはとても可愛いと思う。が、クレジットカードや銀行通帳などに必要な図柄かというと、そうは思わない。

そして今回。
あるニュース記事の「女性を商品として扱っている」という主張に対し、コメント欄でそれに同調し“(女性が)かわいそうという意見が書き込まれているのを読んだ。

「希望者」に着用させたというこの制服。
それがなぜ“かわいそう”なのか私にはわからない。

ミニスカートじゃない女子高生を探す方が大変だ。
というよりロングスカートの女子高生を見たことがない。
それは放置し、成人した社会人の「選択」はかわいそうで「規制して(守って)あげる」べきなのだろうか。
余計なお世話じゃないか。

ファッショントレンドも同じくだ。もう10年以上、ミニスカートの時代ではないか。
膝丈のスカートを与えられても、ウエスト部で折り曲げて丈調整(ミニスカートに)する女性は多いが、自分で生地を足して長くする女性は今のところ見たことがない。

規制して(守って)あげた方がいいのだろうか。
アラブ諸国のように、女性の服装について法律を作った方がいいのだろうか。

女性に選択権は与えないのだろうか。
自主性、主体性という本人達の希望・選択・決断する権利は与えないのだろうか。

もし喜んで手を挙げたキャビンアテンド達ならば、“かわいそう”ということがかわいそうだ。
何も自分の意思は認められていない、ただの従属業務員としてしか見なされていないのだから。

選挙と一緒で、誰に投票しようと勝手ではないか。
制服もしかりである。

ここで私が感じているのは、ミニスカートがいいか悪いか、このデザインが適切かどうかではなく、希望者(しかも大人)が着用しても「かわいそう」という意見が出る点についての疑問だ。

日本の議論って何かと「かわいそう」という意見が多くないだろうか。
被害者意識が強すぎる気がする。
自分で選んだんだから、決して被害者ではない。

何か健康上のリスクがあるならそれは専門家の判断でアドバイスしてあげるべきだ。
まじめに働いていたら「知らずに寿命を縮めていた」なんて、それは“かわいそう”だ。
が、ミニスカートが女性の身体にいいか悪いかなど、今現在そういった専門的な指摘は見受けられない。

緊急時・脱出時の「安全性」について指摘する点はどうだろうか。
そもそもそんな時にスカートの丈なんか気にするんだろうか(笑)。
飛行機が墜落するかもしれないという恐怖心の真っ只中に、キャビンアテンダントのミニスカートに興奮している“余裕”のある男性はいるのだろうか(笑)。

本当に業務に専念し、使命を全うしている人たちなら、「火事場のくそ力」でミニスカートだろうとなんだろうと、両足を広げてしっかり踏ん張って、荷物を押さえるなり、ドアをこじ開けるなり、男性から見てもおっかないくらいのパワーを発揮するのが女性じゃないか。と私は思う。

ところでちょっとばかりマイケル・サンデル「白熱教室」風に問いかけたい。

美貌やスタイルの良さは特権か。才能か。

足が速い。これは才能として見なされる。
足が長い。これは見た目を評価する人はいても「好み」の領域にとどめ、「優劣をつけるべきではない」と“無視されなければならない”風潮がある。

では「足が遅い」のは“劣っている”のだろうか。
現代社会で足が遅いことが何かの足かせになるだろうか。

ジェームズ・ボンドも未だに全速力で走り回っているが、実際は情報戦であり足の速さを使う時代ではない。

角度を変えてみたい。
足が速い(例えばオリンピック上位)人達は、ついでに足も長くないか。
実質「足が長いから速い」というスポーツ科学論も読んだことがある。

ということは本質的に、「足が長い」ことが必然的に評価の土台になっていないか。
「身体能力」の一部になっていないか。
「恵まれた身体」という表現を聞いたことはないだろうか。「恵まれた」と評価している。
これらはとてつもなく「短足」の人が短距離走で金メダルを取るまで覆されないだろう。

ボクシングでも同じだ。
対戦前、必ず選手説明をする上で「(どちらが)リーチで上回っている」と言う。
要は「腕が長い」ということだ。
「上回っている」とは決して下回っていない。
率直に言えば「腕が長い方がいい!」と断言しているのと同じだ。

腕が長い方が距離を保てるため優位であると考えられている。
ボクシングが上手か下手かではなく、腕の長さも勝敗(すなわち優劣)を予測する上で重要な要素として見なされている。

今回スカイマーク社のミニスカート制服着用が開始された際の報道写真を見て気づいた。
皆、(日本人にしては)足が長い。

足が長い人達が自らのスタイルに自信があり、着用希望と手を挙げたのではないか。そう思った。

足が速いことは自慢できても、足が長いことは隠しておいた方がいいのだろうか。
私には、どちらも生まれながらにして与えられた才能だと感じる。

それを評価する習慣、文化がないだけではないか。

人を見た目で判断するのは良くない。
ちょっと待ってほしい。
足が長いと性格が悪いんだろうか(笑)。
両方良いかもしれないじゃないか。

そもそもこの仕事は足の長さは必要ないから。
と言えば確かにそうだ。
だから希望者を募ったんじゃないか。
絶対に必要なら、否応なしに希望者なんて募りもせず強制的に変更されるだろう。それが会社の制服だ。

最初に戻ると、希望者が着用しても“かわいそう”なのだろうか。

もし「荷物を運ぶ」「緊急時は乗客を守る」という仕事で見るならば、それはある種の肉体労働であり、いっそ軍服のようなものにしたらいいんじゃないか。
ダサイ?
と言うならば、この仕事にデザインは必要なのか。

と、ぐるぐる回ってしまうのである。

そう、業務とは経営的に合理性を求められる。
安定している時間と危機的な時間とではどちらが長く、発生率が高いかという点をふまえ、見ている限り、歴代の制服は安定している時間に重きを置いたデザイン性だ。特殊部隊のような機能性重視の制服をまだ見たことがない。ということは「緊急時」を主としてデザインはされていない。

ならばデザイン性を求めた結果として、別にかまわないんじゃないかと思う。
個人的にはこのスカート丈は十二分に短いと思うし、世の中的に「短すぎる」と言われるのも納得している。
しかし「かわいそう」とは思わない。

むしろ緊急時を意識させる緊迫したデザインの制服を着た飛行機に乗りたいだろうか(笑)。
落ちること前提なんじゃないかと思わないだろうか。
のーてんきな制服だったら「この航空会社は絶対危ない目には遭う予定はないんだろうな」と思うし、そのまま無事故で3年も経てば「評価」に変わるだろう。

「乗客を安心させる」上で、そういった視点もあるんじゃないかと私は思う。

数年前パリのエッフェル塔の下にはライフルを持った軍服の男達が7人ほど見回りしていた。
全然リラックスできなかったし、バッグから物を取り出すだけでも緊張した。
緊急事態が起きたら守ってくれるのだろうけど、世界有数の観光スポット“エッフェル塔”には「ほしくない」絵面だった。
ここは極めて危険ですよ」とアピールしているようなものなのだから。


後書き
ルチアーノショーの女性スタッフにスカイマーク社の制服についてヒアリングしてみたところ、「短すぎる」で一致していた。
「かわいそう」という意見はでなかったので安心した。

※この記事はチャーリー個人ブログであり、ルチアーノショー寄稿ブログではありません。

by charlie-ls | 2014-04-30 10:17 | 個人ブログ | Comments(0)
ルチアーノショー寄稿ブログ

せっかく専用サイトに隔離(移設)されたんだから、番外編を書いてみた。

チャーリー怒りの十割そば。
※ランボー怒りのアフガン的な。

昨年あたりから食材偽装問題が世間を賑わせている。
私は意図的な偽装(悪党)と「無知」が混在していることもわかっている。

無知って怖い。

外国人の知人女性が、私の「小麦の世界。小麦アレルギーとグルテンフリーの考察。」を読んで「そばに小麦は入っているか」と質問してきた。
“十割そばには入っていないが、それ以外は小麦が混ぜてある”と答えた。

そこでこの外国人女性は、お銀座のデパートで「十割そば」を買うことにした。
いわゆる一つのデパ地下で、マネージャーか責任者っぽい人に尋ねた。

「100%そばはどれですか」

なんと、わからなかったそうだ(笑)。

「初めてそんなことを意識した」という顔で袋の裏面を全部見ながら「これも小麦が入ってますねー」「これも混ぜてますねー」と言いつつ、いきついた唯一の「十割そば」を手にし「これそば100%ですね!」と得意げに差し出したらしい。

それを聞いた私は怒った
「おこった」んじゃない。「いかった」のだ。

そんなに無知でいいんですか、売り場の責任者が。

ワインなら葡萄聞かれることと同じじゃないか。
聞かれてから「うわー、これみかん入ってますねー」じゃないでしょ。

ルチアーノショーだったらそもそも「混ぜ物は置くな」と言うに違いない。
それでもどうしても需要があるならば、説明をした上で提供するというレベルだろう。
だって、小麦アレルギーだったらどうするの。

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓子の違い。
フレッシュジュース、ストレートジュース、濃縮還元ジュース、清涼飲料水の違い。

ルチアーノショーでは当たり前に教育される。
カメラマンの私さえも教えられる。ブログに変なこと書かないように。

このウォッカは小麦ベースかライ麦ベースかとさえ聞かれる。
ルチアーノショーが突出して素晴らしいのかもしれないが、「プロフェッショナル」って本当はそうじゃないか。

だって店員が「無知」で「間違えただけ」だったとしても、買わされた消費者から見れば「混ぜ物」なんて詐欺みたいなものですよ。
消費者が小麦入りを望んだのならそれは好みだからかまわない。
でもこれだけ小麦アレルギーの人がいるんだから、パスタと違ってそばは小麦前提食品ではないのだし、把握してなきゃだめでしょ。

ちゃんと仕事しようよ。

怒ってばかりじゃいけないので、道ばたで見かけた綺麗な花の写真を。
f0337316_20452613.jpg

ちゃんとしたディナーが恋しくなったらルチアーノショーへ。

Photographer: Charlie

参考資料:江戸の昔から蕎麦の最高峰は十割蕎麦 -蕎麦Web-

Homepage
Facebook
Twitter
Access MAP
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ
専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ(過去ログ)
専属カメラマン★チャーリーの部屋(過去ログ)

ルチアーノショー
〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon
9F:グリル&シガーバー 03-3568-4818
10F;レストラン 03-3568-4820

by charlie-ls | 2014-04-28 20:48 | 【赤坂】ルチアーノショー寄稿ブログ

宇宙銀行 赤坂支店。

ルチアーノショー寄稿ブログ

今回から私のブログは隔離(分離)された(笑)。

/*
毎日更新されるルチアーノショーのブログに、私の“寄稿ブログ”と“チャーリーの部屋”まで書くと、情報量が多(濃)すぎるということで、こちらの離れ島に移ったのであります。
厳密にはこの半年間で増えた“読者”登録やいいね!に対して、より的を射たブログをお届けできるようにという“動向分析”が目的でありまして、「なんだ、チャーリーのブログはなくてもいいじゃないか」と判断されると、この離れ島で最後を迎える可能性があるということも申し添えつつ、第一弾いってみたいと思います。
*/


【予告編】
まだ数週間も経たないとある日。
“貴族の晩餐”をうたうルチアーノショーにて、タイ王国の王族ウボンラット様がディナーを楽しまれた。
その模様は後日マイク・タケダのブログで公開される予定なので乞うご期待。
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ

↓※街で見かけたパイナップル。なぜか衝動買い(笑)。
f0337316_1292078.jpg


【本編】
ここは、宇宙銀行 赤坂支店。
支店長代理(?)のチャーリーであります。

最近“宇宙銀行”という考え方を知った。
「徳を積み立てると幸運が引き出せる」という考え方だ。
非常におもしろいし、私の考え方にとても似ている。
仏教でも“徳積み”という概念があり、宗教を問わず「良い行いは、いつか必ず自分に返ってくる」と教える。
これを銀行の「積み立て」と「引き出し」という具合に、預金の入出金に例えたのが“宇宙銀行”だ。

日頃の行いが良ければ、困った時に助けてもらえる=日頃から徳積みし“積み立て”しておけば、必要な時に引き出すことができる。
明解である。

↓浅野ファームのにんじん。先日ルチアーノショーで、浅野さんとカルトワインで有名なダリオッシュワイナリーのダニエル社長の晩餐会が開かれた
f0337316_1305687.jpg

ここからは“宇宙銀行”に対する、私の個人的な解釈なので予めご了承願いたい。

たまには“神サマ目線”というアングルはどうだろうか。
ちょっと脚立に登って(笑)上から世間を観察しているような感じの。
そう。テニスのレフェリーやプールの監視員みたいな角度で。

「日頃の行いが良い」とはどういう状態を指すのだろうか。

真面目に毎日働き、悪いことはしない。

当たり前じゃないか。
真面目に毎日働くのは誰のためだろうか。自分のためだ。中には「家族のため」という人もいるかもしれないが、家族を持つことを選んだのは自分だから、結局は自己の決断に基づくものである。決断した以上責務を全うして当然だ。
強制的に(不可抗力によって)背負わされたものならまだしも、自分で選んだ道は自分の責任だ。予め「選ばない」という選択の自由が与えられているのだから。
よって毎日真面目に働くことは当たり前であり、神様目線的にわざわざ「良い行い」として見なされるようには思えない。

「悪いことはしない」は言うまでもない。

そこで、投票のパラドックス(そば、うどん、ラーメン)の時のように(笑)、スコアリングして考えてみた。

良いこと=プラス1
当たり前のこと=0
悪いこと=マイナス1

とすると、毎日真面目に働く=当たり前=スコア「ゼロ」だから、宇宙銀行の預金は増えない。
「毎日汗水流し・・・」と精神論から見ても、生活するために必要な費用は「物価」という相場で決まっているので、「食べるために働く」ことはゼロポイントに見える。光合成で生きていける人は食べるためのお金はいらないが、そうでない人にはお金も生命エネルギー(変換)の一部だと私には見える。
なおかつ「労働力の提供」とは(相場の)「賃金」という対価を得た時点で相殺される。

ということは、当たり前のことプラスアルファの何かをしなければ、宇宙銀行の預金は増えないことになる。

↓浅野ファームの花々にローゼンタールの器(舞台監督秘蔵の品)。そしてルチアーノショーでお馴染みの純金コートのカトラリー。
f0337316_1314273.jpg


今日、誰かを喜ばせましたか。
今日、誰かに“ありがとう”と言われましたか。
今日、誰かを笑顔にさせましたか。

自分に必要なことだけしていても宇宙銀行預金は増えないので、何かプラスになることをと考えてみた。

落とした物を拾ってあげて相手が「ありがとう!」と笑顔になってくれたら宇宙銀行の預金は+1かもしれない。が、「自分で拾うから余計なことしないで!」と怒られたらもしかすると−1かもしれない。答えはわからないが「±1」とはそういうことではないだろうか。

「ラッキー」「アンラッキー」って、もしかして宇宙銀行の預金額で決まるんじゃないかとも考えてみた。
さっきの「+1」が今「ラッキー」になって返ってくる。
3日前の「−1」が今「アンラッキー」になって返ってくる。
そんな感じ。

毎日他人にいやな思いをさせていると大変なことになる。宇宙銀行へ借金が増えていくし。
そう思って、普段はなるべく人を笑わせることに専念している私だが、「笑ってあげなきゃ可哀想」と思われて笑ってくれている人がいたら、これもまた「+1」にはならない(笑)。

↓マイセンの限定ティーカップ&ソーサー。舞台監督秘蔵の品。
f0337316_1322729.jpg


今度は「消費」に当てはめてみた。
日本では「お客様は神様」という考え方が根強いため、これから書くことは多少違和感を感じる人も多いかもしれないが、おつきあいいただきたい。
「需要」と「供給」は「相場」というニュートラルポイントを持っている。
1万円の価値のものを1万円で購入した場合は先の労働対価と同じく「相殺」されており、絶対的なパワーバランスというものは本来存在せず「対等」である。
そこで1万円のものを8千円で提供したとする。税務的に言うと、購入した側は2千円の利益を得たことになるし、宇宙銀行的に言うと販売した側は2千円の貸しを作ったととらえることができる。

※税務的:評価額1億円の土地を持っている人が、親切にしてくれた人に「この土地5千万円でいいよ」と売っても、買った側には差額5千万円は贈与と見なされ、それに対する税金が課せられる。会社の節税のためにマンションを購入して、そこに無料で親族を住まわせた場合、家賃相当額の贈与と見なされ、相場家賃を払わないのであればそれに応じた税金が課せられるのも同じで、それが相場であり価値である。名目が何であれ差額は「利益」として見なされる。

※宇宙銀行的:通常の消費取引だと「2千円値切った」で終わるが、私の解釈の宇宙銀行の概念に照らし合わせると、2千円の利益の出所がどこなのかを探る必要性がある。それは「ラッキー」「アンラッキー」の出所と一致する気がするからだ。

「運」とは何か。確率論で言う“偏り”なのか。あるいは能力なのか。

これは非常に難しい。
購入した側の「2千円の利益」は、過去の優れた行い(積み立て)に対する「引き出し」なのか、或いは今現在この商品を提供した側に対する「借り」なのかは定かではなく、調べる方法もない。

1万円の値付けをしているが8千円でしか売れない物を8千円で販売した場合は、それはまさに「相場」(価値)通りであり、この商品の値段はその時点から8千円である。よってこの売買は対等だ。
しかし、本当に1万円のものを「あなたには特別に8千円でいいですよ」とイレギュラーな売買が成立した場合は、モノの価値と支払われた対価のバランスが取れていないため、2千円(貸し・借り)はどこかに記録される。
それが宇宙銀行じゃないかというのが私の見解だ。

そう考えると、下手に値引いて販売されると、宇宙銀行に借金を重ねているんじゃないかという気になる私。

/*
民間の商品売買の例えがピンとこない方は、金やプラチナ、石油や株、為替などの相場取引に読み替えていただきたい。グラム4,614円の金が3,000円で販売されることはないはずだが、仮にそうだとすればどうだろうという視点であり、ここでは相場を下回った分の差額は譲渡(贈与)=反対から見ると“利益”であるという点のみ注目していただけたらと思う。
*/


↓何となくとったエスプレッソ。
f0337316_1325036.jpg


ここで再び「時間は連続か不連続か」につながる。
“時”の認識から「思想」(宗教)と「現実」(科学)を照合する。
時間は連続ならば、この宇宙銀行の考え方がそのまま適用されるが、時間は不連続ならば、常にその時その場で全てリセットされて終わることになる。「積み重ね」は生じない。

相変わらずこの点でさまよってる私だ(笑)。
しかし、宇宙銀行の預金額を気にしながら生活することで、1日の終わりが近づくと、もうちょっと何かいいことをしよう(したくなる)という衝動にかられる点が心地よい。
ということは、私はまだユダヤ・キリスト教由来と言われている「過去から未来へ」という時の概念で生きているのだろう。

そんな本日のBGMは Cinema Nostalgia by 久石譲(金曜ロードショー)

ルチアーノショー第10シーズンの薫りが漂う今日この頃。

f0337316_182555.jpg

※ヒュミドールから出てきたニカラグア産の葉巻。ブログを書きながらふかしてみた。焼き芋のような甘みとソフトな煙が特徴的。キューバ産のような深いコクと味わいはないが、コーヒーと合わせて気軽に楽しめる。

そんなわけで、ブログ分離(隔離)第一弾でした。

ロマンに酔いたくなったらルチアーノショーへ。

Photographer: Charlie

Homepage
Facebook
Twitter
Access MAP
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ
専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ(過去ログ)
専属カメラマン★チャーリーの部屋(過去ログ)

ルチアーノショー
〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon
9F:グリル&シガーバー 03-3568-4818
10F;レストラン 03-3568-4820
by charlie-ls | 2014-04-25 01:15 | 【赤坂】ルチアーノショー寄稿ブログ
ルチアーノショー寄稿ブログ

最も人気のあった写真。数万回閲覧され、記事:スローシャッター+高速閃光撮影【完結編】のアクセス数は通常の20倍にも達した。
f0337316_20454823.jpg
ルチアーノショー専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ
過去ログ目次(2014年):
 ★“進化”とは「進んで化ける」と書く。
 ★ボンドシャンパン “ボランジェ ラ・グランダネ” 白い魔法と共に。
 ★アストロロジー(西洋占星術)と私の座標=シリアルナンバー。
 ★小麦の世界。小麦アレルギーとグルテンフリーの考察。
 ★傘しかない。〜Guy de Jeanの雨傘〜
 ★ヒラリー・ハーン女史のバロックな音色でコニャックを飲む。スピリチュアルリーディング的な。
 ★今宵、貴女(香り)に酔いしれて。
 ★民主主義と確率論。多数決と昼飯から考察。
   「直感と理論の乖離」を示した「モンティ・ホール問題」
    「運」とは何か。確率論で言う“偏り”なのか。あるいは能力なのか。
 ★“時”の概念と、確率論の“収束”は似ていないか。
 ★“時”の認識から「思想」(宗教)と「現実」(科学)を照合する。
 ★1°=0.27777%のズレと地球のbitの上昇と2038年問題と。★
 ★「時間は不連続ではない」二人の世界。
 ★ルチアーノショーの科学。8,000兆桁のπ(パイ)と予言。
 ★グッドラックベイビー的な。書き殴れば昭和色。
 ★ボルサリーノに魅せられて。
 ★ルチアーノショーのバー。赤坂から夜霧よ今夜も有難う。
 ★金運パワースポット。世界中から“Happy New Year”
 ★多国籍ルチアーノショーとルチアーノガールズ。
 ★スローシャッター+高速閃光撮影【完結編】
 ★謹賀新年ディアデマス。

 ルチアーノショーのスタッフが選ぶ2013年寄稿ブログ人気ナンバーワンは:“傘”って言えば、おふくろさんよ

過去ログ目次(2013年):
 ★3周年。“勝手に仕上がれ”
 ★美女とビキニと水しぶきと。
 ★テキーラ・マエストロ誕生を記念して水しぶきのマフラーを身にまとうマイク・タケダ。
 ★ルチアーノショーのパーティーシーン(まるで映画スティング)
 ★1/38500秒=0.0000259秒のアガタと水風船。
 ★ボジョレー・ヌーヴォー2013“ジョルジュ・デュブッフ”レビュー
 ★1/8000秒=0.000125秒のドラマ。
 ★不思議なギャツビー。その名は“ダリア・ブキャナン”
 ★11月のディナーコースはその名も“ギャツビー”
 ★Anna "Sunflower" Karenina (アンナ “ヒマワリ” カレーニナ)
 ★ルチアーノショー第9シーズン“愛”
 ★今月のディナーコースはプリマ・バレリーナ・アッソルータ
 ★日本のお父さんと元オリンピック代表クリスティーナ
 ★メニューに載っていない“噂の”「ガラクターズのシーザーサラダ」
 ★レンズを壊したロクサンヌ。I grieve.
 ★“傘”って言えば、おふくろさんよ
 ★今宵の赤坂はSwingにのって。Sing. Sing? Sing! and I Think.
 ★残暑お見舞いディアデマス。
 ★吠えたスクリーミング・イーグルと逃げたスノーデン。その時アガタは。
 ★脚韻を踏んだらガムを踏んだ。Here Without You
 ★遂に第8シーズン。今宵の赤坂はキャラメルを焦がしたような香りをネスプレッソと共に。
 ★CSI:Akasaka 誕生日のパラドックス
 ★プリティー・ウーマンは赤坂に。
 ★チャーチルとココ・シャネルとルチアーノショーと。
 ★赤坂“ハイヒールズ”降臨。
 ★空を飛んだロクサンヌ。I drive.
 ★父の日の“グッドファーザー”。
 ★カモンベイベー! I Rock You.
 ★海を越えた渡り鳥。I believe.
 ★チェスと葉巻とハリーポッターと。
 ★母の日のブルドッグ
 ★太宰治と夏目漱石と米澤儀明と。書き殴れば昭和色。
 ★美女と和牛 手紙が一通届いています。
 ★ケムリとカジノとボンドガールと。【下】
 ★ケムリとカジノとボンドガールと。【中】
 ★ケムリとカジノとボンドガールと。【上】
 ★ハイっ、こちら舞台課! ただ今“ミューティング”中。
 ★東京ドーム4杯分“GREAT ROUGE”
 ★今宵、男達の背中にHe Needs Me.
 ★丸の内じゃないコットンクラブといえばMinnie the Moocher
 ★8時じゃなくても全員集合ですよ。こうなったら。もはや。
 ★パダン・パダンと歌えばシャンソンとマティーニの調べ。

Photographer: Charlie

Homepage
Facebook
Twitter
Access MAP
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ
専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ(過去ログ)
専属カメラマン★チャーリーの部屋(過去ログ)

ルチアーノショー
〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon
9F:グリル&シガーバー 03-3568-4818
10F;レストラン 03-3568-4820


by charlie-ls | 2014-04-24 23:59 | 【赤坂】ルチアーノショー寄稿ブログ

カメラマン☆チャーリーのブログ


by チャーリー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31