<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

回はこのテーマ。

女性が最も暮らしやすい国ランキング、1位はデンマーク!日本は…?
http://irorio.jp/daikohkai/20160125/296248/

女性にとっても日本は14位。自信を持って1〜3位くらいに入るんじゃないかと思っていたemoticon-0112-wondering.gif

日本に住んだことのある外国人女性は、日本はどこよりも「安全」だと、とても高く評価している。
ツマラナイし色気がないというのは男女共通の意見だが、暮らしやすさランキングには恐らく影響しない。
安全で夜女性一人で街を歩くことができて、警察は買収されていないし、ちゃんと時間通りバスと電車が来るだけではトップ10入りしないらしい。

ランキングなんて気にしてもしょうがない、自分達が住みやすければそれでいい。

と言われそうな気もするし、自分でも思ってみたりするんだが、オリンピックは応援して、住みやすい国ランキングは気にしないのかと言われると、オリンピックより気になる(笑)。

国民のある1人が速く走ったって、速く泳いだって、それは「日本人離れ」した卓越した才能(他の日本人には備わっていない)が世界の舞台で功績を残すだけであり、突然それを日本人として誇らしげに語り、応援する人達が、少しばかり不自然に感じる。※理由は後述。

/*
ちなみに世界舞台で活躍する日本人の「瞬発系アスリート」mtDNAF型が多く、ヨーロッパ人型であることがわかっている。

世界と日本のエリートスポーツ選手におけるゲノムワイド関連解析
https://kaken.nii.ac.jp/pdf/2011/seika/C-19/82674/21680050seika.pdf

*/


一方で、住みやすい国かどうかは、国全体の評価だ。自分自身も評価対象に多少なりと関わっているのだからランキングの行方が気になる。

いや、オリンピックは必要ないとか意味がないということではなくて、それ以上に応援してもいいテーマが沢山あるんじゃないかと思う。

自分が評価される一員になった途端興味を無くす(話題を変える)人も多いので、どこかの誰かが速く走る、速く泳ぐことを、部外者として応援している方が楽なのかもしれない。確かに気楽だ。その代わり、イイ成績を収めても部外者だし、悪い結果になっても部外者だから批判すべきでない。
ビジネスで言えば、これは起業時の出資金を出すか出さないか(投資するかしないか)と同じようなものだ。部外者で走り出せば儲かっても損しても部外者。当事者(株主)で始まれば、儲かっても損しても当事者。

才というのはどこの国の人であっても天才なので、私はオリンピックで誰(ナニジン)が優勝してもスゲーと思う。もし日本人選手が100メートルを8秒で走ってもスゲーの一言だ。明らかに、確実に、過去の統計から他の日本人とは身体の構造が違うことがはっきりしているのだから、日本人の誇り!という興奮はない。その変異(または特異性)の方が興味深い。例えば前述のmtDNAなどだ。

柔道のような、国技と呼ばれる種目で勝てないことは確かに残念に感じなくもないが、柔道には元々小さな者が大きな者を投げるというヒーロー的要素があった点も見逃せない。島国の中の単一民族において、身体の質や大きさはそこまで違わないためその「説」が通用しても、これが世界でとなるとそもそもの登場人物が異なる。世界は広い。「大きな者」を超えたスケールの巨人もいるし、もっと強い・巧い人がいても、何ら不思議ではない。これは、K-1やプライドが大凡の結果を指し示している。

/*
少し脱線して、どんなヒーローだって暗黙のルールのようなものがあり、例えば仮面ライダーにアルカイダとかISISとか、日本じゃ放送できないような敵が出てきちゃ困るでしょ的な。世界最強のアメリカでさえ、隣国メキシコとの国境に震え上がっているのだから。
スポーツに限らず、政治や軍でも、想定外の登場人物には手をこまねくものだ。
そこには「勝ち方」に拘る「文化」「伝統」も関係しているように思う。前述の柔道で言えば、「やっぱり“一本”でしょ」といった具合に。ボクシングなら「やっぱりKOでしょ」のような。その「やっぱり」を知らない(元々なかった)国の人達が、とりあえず内容は問わず「勝てばいい」という練習を積むと、本家は非常に勝ちづらくなる。武士道とか騎士道とか、目に見えない取り決めが薄れていくから。どんなアスリートでも、突然ナイフを取り出すストリートのギャングを相手にすると、勝てない可能性が高いのと似ている。想定しているルールや精神、勝つ目的が違う。
通常「発祥の地」の人達は、「最も美しい勝ち方」を模範(美学)として示したがるが、後発の人達は、そもそも「優勝したらお金がもらえるから、競技は何でもいい」という人さえいる。一番賞金の高い種目に出るみたいな(笑)。
だから、スポーツからギャングまで、異文化との戦いになると、想定するシナリオ通りにはいかない。
*/


同じく私はミス・ユニバースの代表がナニジンでもハーフでも気にしないが、世間は違うようだ。「何だハーフじゃないか」と背を向ける。ハーフだろうと生粋の日本人であろうと、持って生まれた美形はその人のものであって、その他の人達の顔に影響を与えない。影響するのは毎日その美貌を眺められるパートナーと、その遺伝子を引き継ぐ子供くらいだ。

それでも日本代表は生粋の日本人じゃないと気に入らないらしい。
生粋の日本人がミス・ユニバースで優勝すると、自分も美しい気になれるのだろうか。私は誰が優勝してもベツモノにしか見えないが。

ならば、住みやすい国ランキングとか、そういう「世界における日本」というスコアリングを気にしない理由がないはずだが、そうでもない点が不思議。
いろんなコメント欄なんか見ていても「別にいいんじゃない?」と興味もなさそうな様子。「感じ方は人それぞれだし」とか。

私なりにまとめると、自分が評価対象になると責任を問われる気がするせいか、「放っておいてくれ」「そんなの関係ない」となり、自分は特に努力しなくていい特定の誰かが日本代表として頑張ることに対しては応援する傾向が見てとれる。そして日本代表としての責任や気品(日頃の行い)さえも求める。

割と無責任で自分勝手な国だなと思う(笑)。
そして、祖国を誇りに思う根拠が違うのだなと思う。

女性にとって、日本は住みやすい国だと思うのだが。
もし違うなら違うでいい。だとすれば、世界に求められていないものを誇らしげに語ってもしょうがないということでもあるので、冒頭の「安全でちゃんとした国」は、今後は日本の利点として挙げる程のことじゃないのだろうかと思うと、何か腑に落ちない気分になったチャーリーであります。

Photographer&Engineer: Charlie
JAPAN MENSA会員
AEAJアロマ検定1級

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)

by charlie-ls | 2016-01-26 17:29 | 個人ブログ | Comments(0)
ルチアーノショー寄稿ブログ

ルチアーノショー寄稿ブログを始めたのは2013年02月21日。もうすぐ3年。
昨年06月以降、寄稿ブログのアクセス数(1ヶ月間合計)が、過去最高を更新し続けている。何気にemoticon-0122-itwasntme.gif

最初の2年間は週に1回のペースで、毎回ルチアーノショーのFacebookページでもお知らせし、一時期は各投稿に数千件のいいね!が付く程になっていた。
その後、度重なるエッジランク(Facebookのニュースフィード配信アルゴリズム)の変更で、Facebookページにお知らせを掲載しても、そもそもニュースフィードに配信されない状況が長く続き、アクセスは低迷〜横ばいだった。

f0337316_22510978.jpg

/*
※このエッジランクは厄介で、24万件のいいね!がありながら、配信数(リーチ)が1,000を切ることもあった。
Facebook側のアルゴリズムだから仕方ないが、多言語を意識した作りではなく、あくまで単一(英語)言語基準だと感じる。
ルチアーノショーのFacebookページのように、海外からのいいね!が多い場合、日本語による投稿をスルーする人が相対的に多いし、ロシア語圏の人なら英語で書いてもスルーするかもしれない。そうすると、Facebookのエッジランクは、いいね!を付けている人達にとって、興味が無い(関心の低い)投稿だとスコアリングしてしまう。
そして数回無反応だった人などには配信もされなくなり、いつしかいくら投稿しても気付いてももらえなくなるという残念な仕様だ。2013年秋頃から大きく変更されたと言われている。

元から英語で発信している企業はいいが、国際的な企業だが現地語で発信しているというFacebookページの場合、同様のことが起こりうるので、現地語版、英語版、フランス語版、スペイン語版、ロシア語版など、個別にFacebookページを持つことをオススメする。
*/


そこで2014年からは、純粋なgoogle検索によるアクセスを獲得する方向に切り替え、(不定期にはなったが)地道に投稿を続けてきたところ、2015年初夏、セキュリティ関連ブログがヒットし(特にスターバックスのWi-FI記事)、同年夏には色覚異常、続いて秋のメンサ(知能)関連ブログがスマッシュヒットした。メンサ会員になってよかった(笑)。

今でも、画面横に表示されている記事ランキングでは、常に上位に入っている人気記事。

昨年後半からは、実験的にルチアーノショーのFacebookページでのお知らせ掲載も止めたため、瞬間的なアクセスは減ったものの、月間を通しては過去最高を更新し続けている。

f0337316_22482774.jpg

Facebookページはスマートフォンアクセスが多かったことから、寄稿ブログも7割くらいがスマートフォン読者だったが、この1年では、パソコンとモバイル端末が1:1のバランスで推移している。直近3ヶ月では、若干パソコンのアクセスが増えつつある。

googleやヤフーからアクセスされていることはわかっても、数年前からSSL化されたことで、リファラー(リンク元URL)が取得できなくなったため、どういったキーワードで検索されているか、どこで紹介されたかがほとんどわからないのが残念だ。検索キーワードがわかれば、それに沿った記事に微調整していけるのだが。

そして。

近はアロマテラピーオーラルケア(歯周病)に加え、大腸菌(便秘)をテーマに研究を進めている。最終的には“究極のダイエット法”としてまとまるだろう予定だ。ご期待いただきたい。

チャーリーのタンブラーは毎日更新しているので、ブックマークの片隅の一番上の目立つところに登録してください。

それでは月末、さらば あぶない刑事を観に劇場に繰り出し、どこかのスクリーン前でお会いしましょう。

Photographer&Engineer: Charlie
JAPAN MENSA会員
AEAJアロマ検定1級(笑)

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)
■ルチアーノショー
 Homepage
 Facebook
 Twitter
 Instagram
 ルチアーノショーで働くスタッフのブログ
 専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ(過去ログ)
 専属カメラマン★チャーリーの部屋(過去ログ)

ルチアーノショー
TEL : 03-3531-4851
1号赤坂店は2014年末で閉店致しました。

by charlie-ls | 2016-01-22 23:12 | 【赤坂】ルチアーノショー寄稿ブログ
ロシアの通貨「ルーブル」が、日本円に対し下げ止まらない(ロシアから見て円高)。

2014年の01月と比べても、日本円に対し半分以下になっている。

f0337316_10484181.png
Yahoo! Financeより。


既に日本で生活していて仕事をしている人が、日本円をロシアに持ち出すなら現地でいい生活ができるが、現地でお金を貯めて「日本に行こう」(留学など)と思っている人は、2年前と比べても2倍のお金を用意しなくてはならない。更に厳しいウクライナは言うまでもない。

日本人がモスクワに家を買おうとか、現地企業を買収しようというのなら、為替の面だけ見たら現在お買い得だ。
ただし原油も下げ止まらないので、更にロシア経済が悪化するかもしれないことを考えると、私ならまだ様子を見る。

5年程前、ロシア政府は「原油が70ドルを下回ると、財政赤字が生じる」と言っていた。現在29ドル台だ。あと1年で破綻するという説もある。

日本は、ロシア経済の影響はあまり受けないと考える人が多いが、10年前はロシア(厳密にはBRICs=ブラジル、ロシア、インド、中国)投資ブームだったので、ほとんどの金融商品にロシアものが含まれていた。あれからちょうど10年(多くの金融商品の満期)を迎える頃にこのルーブル安では、例え投資対象が上手く行っていても、日本円に換金するときに半分になってしまうということ。

当時は、預金しているだけでも金利が10%程もらえるという理由でルーブルを買う人も多かった。高金利通貨とか資源国通貨とは無条件に人気があったものだ。
が、10%もらっても半分になったら儲からない。トルコリラなどもそうだ。

金融ショックというのはこうして目に見えづらいところで生まれる。

私は頑なに円高派だったので、海外投資は一切しなかった。常に外貨売り、日本円買いというポジションだった。

日本は円安で景気が良くなるので、ルーブル高の時にこぞってロシアに進出していた。トヨタも含め(サンクトペテルブルクに工場を作った)。
いざルーブルが安くなった今、ロシアに進出しようとする人・企業がいないのを見ると、とことん日本はお金が出ていく仕組みだなと思う。

海外旅行もそうだ。円安の時にボーナスが出て海外旅行ブームが訪れる。
本当は円安の時に出たボーナスを貯めて、円高の時に海外に行くべきだ。

義務教育で為替の勉強に時間を割いた方がいいと思う。

そもそも社会の授業中に、一度も名前すら出てこなかった会社が現在活躍しているし、当時なかった会社さえもある。
昔のように10年前の大企業が、生徒達が大人になる10年後も成功しているとは限らない時代なので、過去(歴史)よりも、仕組みそのものを学んだ方がいい。

今年20歳になる人が生まれた頃(1996年)、米アップル社は倒産しかかっていた。
今では世界最大企業だ。

何を学ぶか、精査すべき時に来ている。


JAPAN MENSA会員
AEAJアロマ検定1級(笑)

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)

by charlie-ls | 2016-01-19 11:02 | 個人ブログ | Comments(0)
起業家に必要なのは高いIQよりパターン認識能力 | TechCrunch Japan
http://jp.techcrunch.com/2014/12/12/what-is-necessary-for-entrepreneur-is-not-a-high-iq-but-an-ability-recognize-patterns/


以前から度々見かける記事なので、改めてリブログしてみようと思う。

私もIQだけでビジネスが上手く行くとは思わないが、IQを度外視することは1つの重要なポイントを見落とすことになる。
高い分にはそれを活用するというオプションが与えられるのだから、特技や資格などと同じとらえ方をすべきだ。除外する必要はない。「●●の資格を持ってるからお前はダメだ」という話はないのだから。会社の都合が悪くない限り。

成功本などと同じく、現在の成功者達は、過去10年、20年の成果が実った人達であり、これから成功しようと考えている人が、現在の成功者像を追い求めると時代遅れになる。

確かに2010年くらいまでは、大したIQは必要なかった。人望や話術、センスの方が重要だった。更にさかのぼって2005年らいまでで見れば、昔ながらのハッタリ「お調子者」的な要素もある一定の世渡り術として評価されていた。世間で言うコミュニケーション能力だと思われている類いだ。
が、この5年は違う。ハッタリただの嘘でしかなくなり、その嘘は必ず暴かれ、デジタルな世界は証拠が残る。Wi-Fiは暗号化していても傍受・解読でき、恐らくは多くの重役通信が覗かれているだろう。

「技術的なことは専門家に任せて」「弁護士と相談して」という時代じゃない。

専門家に相談しないと、すぐ目の前にいる社員の言っている意味がわからない経営陣には、人がついてこない。そういう時代だし、更にその傾向が強まるはずだ。
そりゃそうだ。毎日会社のために働いている社員よりも、どこかのコンサルタントや“専門家”の意見待ちはこの先ウケないことは言うまでも無い。

最も代表的な例はヒラリー・クリントン氏。「技術のことはわからないが専門家を信じている」という発言が支持離れを招いた。もう「わからない」はマズイ時代だし、自身の個人メール問題を抱えていながら「わからない」は無責任だ。

セキュリティについて「わからない」ということは、家の玄関の鍵の閉め方を「わからない」と言っていることに等しい時代になった。当たり前の基準が変わった。

アメリカで言えば、ハーヴァードはもちろん、MITやCaltech出の新入社員が言っている言葉の意味くらいは理解できないと厳しい。「何を言っているのかわからない!もっとコミュニケーション能力を身につけろ!」と、権力に任せ気に入らない者は解雇するのもいいが、どう考えてもそれは会社の未来のためにはならない。自分のレベルに相手を下げようとしている行為だ。

「人生の先輩」かどうかは重要でない時代になった。
若手は思ったことを自分の正義感に任せ場を考えずに口走ることがあるが、実はそこに現代における真実が宿っていることが多々ある。

人を活かす社会・会社の時代であり、誰かのために自分を下げる必要もなければ、それを我慢する人々ではなくなった。人類そのものが変わりつつある。

時代はもう変わってますよ!と言いたくなる、とても簡単な見分け方としては、まず、URLが長い時点で時代を見誤っている(笑)。
せっかく良い記事を見つけて友人にURLを送ろうとしても、URLが長いと途中で改行されリンクが切れてしまう。これはパソコンのメーラーでも同じだが、スマートフォンでは特に顕著だ。受信した側が、自分でURLをコピーし何かに貼り付けて、改行され切れたURLをつなぎ合わせてアクセスする人がどれだけいるだろうか。

googleはURLの文字列もスコアリングに使用していると言われ、SEOのためにURLにも本文と関連する文字列を入れているサイトは少なくない。が、本文やタイトルと違って、ユーザーの目にそれほど止まらず、なおかついくらでも詐称できる要素を重視するはずもない。

合理化とか機会損失だとかコスト削減だとかより効果的なマーケティングだとか、最もらしいことを言っている人は山ほどいるが、肝心なユーザビリティ(利便性)と時代の流れが読めていなければ、努力する方向を間違ってしまう。
そんな“オッサン”に、現代の賢い若者達が黙って後を付いていくとは思えない。

URLは、メーラーが強制的に改行するであろう半角72文字(全角36文字)以内で。
googleマップは標準で短縮URL機能を実装している。Twitterは投稿内のURLを自動で短縮URLに変換するが、表示自体は元URLのままにしている。タンブラーは表示もリンクもわざわざ長いURLに置き換えている(笑)。

これらは観察力・洞察力、すなわち動作性(流動性)知能が問われる。「パターン認識力」も同じだ。IQテストで言う行列推理であり、それがまさに動作性知能だ。

参考資料:ヒラリー・クリントン氏が公務に個人メールを使用 その問題点

JAPAN MENSA会員
AEAJアロマ検定1級(笑)

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)


by charlie-ls | 2016-01-04 15:25 | 個人ブログ | Comments(0)

カメラマン☆チャーリーのブログ


by チャーリー
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31