<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

能指数は意外にも心理学分野だが、文系的な捉え方では細部が漠然としてしまう。ココは1つ統計学的に眺めてみたい。

最近アップした知能指数表201707版には、従来の出現率に加え、各IQ値に対し「1万人中何人いるか」の値を追加した。
※「出現率」で言う「2%」はその上位(マイナスσの場合は下位)1%も内包するため、「以上・以下」という意味で捉える必要がある。偏差値ベースの「パーセンタイル」を中央値で分割し昇順・降順逆さまにしたものに近い。

IQ 130以上は2.28%いるが、IQ 130ジャストは1万人中34人しかいない。

具体例では、この表のIQ 148〜152を見ると、いずれも1万人中に1人しか存在しない。よって初めて知能検査を標準化する際に、例え1万人集めて検査を行っても、その被験者を「IQ 148以上」としか表現できず、厳密にIQ 148なのかはたまたIQ 152なのかを特定できない。
※表はエクセルによって丸められているので、小数点レベルの誤差がある。

出現率で見ればIQ 148以上は0.07%(0.0687138%)だから、1万人集めたら6人はいるんだが、「ジャストIQ nnn」と断定する根拠に乏しい。

ウェクスラーの上限値は「161以上」なので、160までは断定してみせようかという心意気なのだから、最低でも3万人と言いたいが、それでもジャスト160は1人のみなので、「該当事例を10名は挙げられますよ」と言うなら30万人の検査実績を持っている(いなければならない)ということになる。

人は何人くらいの該当者がいれば納得するか(合理的に「偶然」を排除できるか)と考えると、どんなに少なくとも(雑だが)10人以上は必要だろうと考えられる。であれば、148〜152付近のIQ値を確定するためには10万人の被験者が必要となる。
※被験者10万人の場合、IQ 152ジャストが5人、148ジャストが14人現れる。前後の151(7人)と153(4人)との明確な有意差がほしければ更に3倍以上の被験者を必要とする。

同じように、被験者が1,000人だとIQ 134〜137ジャストが各1人しか現れない。よって「IQ 134以上」とは言えても、134を超える部分のIQ値を特定するには説得力に欠ける。

同様に被験者が100人の場合は、IQ 111〜120ジャストが各1人しか現れないため、上限値「IQ 111以上」としか言えない。

f0337316_02143512.jpg

知能のブログの1ページ、『「上位2%」は100人に2人や50人に1人とは限らない。パラドックス的な。』を補足すると、IQ 130以上は実際に50人集めても居ない可能性が高い。

「IQ 130以上は2%いるはずなのになぜだ」ということになるが、100人の母集団で知能検査を行い標準化しようとすると、IQ 121あたりから「0.95人」「0.86人」「0.78人」のような値が続き、人の最小単位である「1人」を切っている。130以上も「0.34人」以下が続き、足し合わせたら出現率通り上位2%になるが、「0.86人」や「0.34人」は机上の数値であり、実際には100人中明確にこの人だという存在が確認できず、かといって可能性がゼロではないため「存在しない」とも言えない。

四捨五入する人なら「居ない」と断言するだろう。

単純計算でも明快だ。上位50%がIQ 100以上。その50人をIQ 100から130までの30目盛りに割り振っていくと、各2名以下になることがわかる。正規分布のベルカーブの頂上ほど多く、裾野は少ないから大凡の「割り当て」が表を見なくともわかるだろう。

そういった角度から、私はメンサが掲げる「上位2%」(IQ 130以上)は堅実だと思っている。「50人に1人って結構いるし(大したことない)」論はお馴染みだが、ココまでの統計基礎を理解すれば、IQ 130以上の値を正確に測定するには大がかりな検査が必要なことがわかるし、イギリスはオックスフォードの創設者が「娘(妹?)の結婚相手を探すために設立した」という動機から見ても、被験者はせいぜい弁護士仲間から派生する母集団(パーティー参加者?)数百名想定だったと推定できる。フェルミ推定的に。

言うならば「IQ 130以上は50人に1人だ」は教科書通り“約分”した結果であって、中学生までの解だ。

メンサの入会基準である「上位2%」は実質的にIQ 130以上(厳密には130と131の間以上)を指していて、「上位2%」だけを見るなら100人中2人いる。一位と二位だ。しかし上位2%を「IQ 130以上」として受け止めるならば100人中2人居ない可能性の方が高い。

100人で知能検査し、無理矢理正規分布に沿わせた場合どうなるのかの表を添付する。

f0337316_02022324.png
この表はIQ 100以上なので全部足すと50人になる。

小数点の「しわ寄せ」的に、50名の中にIQ 145が出現する可能性はある。がこれは突発的というか偶発的というか、ごく一般的な少ない母集団においては通常平均付近にしわ寄せ分も密集すると考える方が妥当だ。

学校で言えば「IQ 130以上は学年に数人居るか」(200人の学年なら4人)と問うならば、普通校には居ない可能性もある。進学校から何から1万人くらい集めたら出現率通り200人いるだろう。大学なら東大・京大などには沢山いるだろうし、会社ならアップルやグーグル、IBMなどハイテク企業に高知能が集まっているだろうことを考えると、一部の地域(主に東京)かつ限られた場所に集まっている=平均的な集団には少ない(または居ない)ということが言える。

その点「偏差値」なら同じ上位2%である偏差値70以上は確実にいる。なぜなら「今回テストを受けた人達」を母集団とする値だから、先に絶対居ることが確定しているから。

ややこしいが、この「統計」の領域が心理学業界でも難題扱いされているようで、沢山の「文系のための統計学」的な書物が出版されている。知能指数の理解が進まない1つの要因でもあるだろう。臨床心理士を志すも統計で挫折する人もいるらしく、心理学とは統計学だと言われる由縁でもある。

データサイエンティストにとっては興味深い分野だ。引き続き研究対象としたい。

※本文中の知能指数は断りがない限り標準偏差15の値を、偏差値は標準偏差10の値を用いた。

あとがき。

参考リンク:IQ「人並み以上」とは。

チャーリー(
JAPAN MENSA会員

AEAJアロマテラピー検定1級
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
AEAJ認定環境カオリスタ
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
AEAJ認定アロマブレンドデザイナー
AEAJ個人正会員
JAMHAメディカルハーブ検定1級
JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター
JAMHA認定ハーバルセラピスト
【国】ITパスポート試験合格(笑)。
【国】情報セキュリティマネジメント試験合格
【国】臭気判定士
薬学検定1級試験合格
HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1試験に合格。
個人情報保護士認定試験に合格。
情報セキュリティ管理士認定試験に合格。
【公】メンタルヘルス・マネジメント検定II種(ラインケアコース)試験に合格。
Comptia Security+試験合格。
SEA/J情報セキュリティ技術認定CSPM of Technical試験合格。
【国】危険物取扱者 乙種 第4類試験合格。
【国】情報処理安全確保支援士(旧情報セキュリティスペシャリスト)試験合格。
【国】ファイナンシャル・プランニング技能検定2級試験に合格。

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)


by charlie-ls | 2017-07-25 10:40 | 個人ブログ | Comments(0)

EQとは結局のところ何なのか。

まず1つ確定していることは、精確に測ることはできないということ。IQはそもそも問題の意味が解らない人が意識的に高いスコアを出すことはできないが、EQは国語力さえあれば、質問に対しどう答えたら高いスコアが出るかくらいはほとんどの“大人”にわかる。

だから(笑)、EQの方が一般的に人気がある。

そもそも、これといった正式なEQテストがあるわけではなく、「IQよりEQだ」論は自分が望む結果が出るまで引き続けられるおみくじや占いが根強い人気を誇ることに似ている。

が希望的観測に反して最近ではIQが上がるにつれ社会的能力(EQ)も上がるという結果も出ている。

「IQが高くても成功しない。EQが大切だ」と見聞きするが、両者は福引きのように引き換えられるものではなく、成功の秘訣を語るならば「IQに加えてEQも高くなければ」と考えるのが妥当なはずだが、なぜか世間では東か西かのように片側からのみ主張されることが曲解の始まりであり、自分の都合の良い側に付いているに過ぎない。

EQと略してしまったことも問題かもしれない。「Emotional Intelligence Quotient」はE-IQであり本来は知能指数の領域だと考えなくていいんだろうか。

f0337316_11270581.jpg

WikipediaによるとEQとは、

心の知能指数(こころのちのうしすう、: Emotional Intelligence Quotient、EQ)は、心の知能 (: Emotional Intelligence、EI) を測定する指標である。心の知能とは、自己や他者の感情を知覚し、また自分の感情をコントロールする知能を指す。--Wikipedia

であり、世間で考えられているものよりも複雑で高尚だ。

決して角が立たないように物事をうやむやに済ませ、出る杭にヤスリをかけ続ける平凡主義世渡り術を指しているわけではない。

日本人的に「空気を読み、自己主張しすぎない」と捉えるならば、他人の顔色をうかがい巧くやり過ごせる術のようにも受け取れるし、いわゆる集団行動における「協調性」を指しているかのようでもある。

メイヤーとサロベイの研究に対する批判として、ロバート等による研究がある[12]。この研究では、EQは実質的には協調性を計測しているのではないか、と警告を発している。これに対し、メイヤーらは、さらに自説を補強する理論を発表した[13]。とはいえ、多くの心理学者は、EQを知能の測定基準のひとつ(IQのような)とは認めていない。 --Wikipedia

実際、大凡EQとはその(「協調性」)ように認識されていて、思ったことをズバズバ言う人や、「いいえそれはできません」と主義主張を貫く人は、他人との距離感が巧く保てず「EQが低い」と認識している人が多い。

言ってみれば(特に日本における)EQとは「サラリーマン的コミュニケーション能力」と同義として浸透した。

そして同時に文系が理系を口撃する手段にもなっている(笑)。

が、「EQ」が誕生した狩猟民族・白人社会における定義は、日本人を含むアジア人などの農耕民族的な「なぁなぁ」術ではない。

これらはアドラー心理学の捉え方にも影響する重要なポイントだ。
※その関連性はまた次回以降に。

発祥:1920年、コロンビア大学のエドワード・ソーンダイクが、他人と付き合う能力を「社会的知性」として取り上げた[2]。--Wikipedia

会的知性。「社会的知性」には、言うまでもなく「知識」(一定の学力も指すだろう)や「教養」(場合によっては「育ち」も求められるかもしれない)などが含まれる。

“アホ”でもニヤニヤ・ヘラヘラして仲良くやってさえすれば社会的知性が高いと言えるわけではない。

私がEQはIQ配下にあると考えるのは、この社会(特に発祥の地であるアメリカの入り乱れる民族と宗教、文化=ダイバーシティ)に必要とされる「社会的知性」を身につけるには、観察・洞察・推察力=流動性知能が必要だからだ。

EQをスピーカーだとすれば、IQというアンプがなければ駆動できない。私はそう考える。

ではEQとは何か。
端的に言えばリーダーシップとしての能力だろう。なぜなら、その他大勢が持つ能力を「高い」と評価する合理的必要性がないから。

「自己や他者の感情を知覚する」とは、周囲に気を配り、全体を見渡し知覚するアンテナ力であり、「自分の感情をコントロールする知能」とは、個の主義・主張を抑え(捨てる必要はない)、公(組織)の任務を遂行できる能力だと考える。

農耕民族アジア人的な捉え方だと「自分のしたいことを我慢し堪える能力」となりそうだが少し違う。今「自分の利益」を何よりも優先して取りに行く価値・必要があるのかどうかを判断できる知性であって、欧州や南米の一流サッカーチームが良い例となる。

彼らは個人技もずば抜けているが、国を勝利に導くためにはキライなチームメートにもパスを出す。ロッカールームに戻れば殴り合いになるような同僚にでもだ。「個」の利益や感情、見栄、プライドよりも、「公」の利益と国民が求める勝利を追求する任務遂行型の協調性と言える。

「自己や他者の感情を知覚する」「自分の感情をコントロールする知能」のどちらも実践できている。

これらは「狩り」の文化からも見てとれる。1対1の戦闘能力(個人技)が高ければ妻や子供を飢えさせずに済むし、隣の旦那が貧弱で冴えなければ、食料を分け与えることで隣の奥さんからも愛される(笑)EQが高いと評価され、それが群れ中に広まる

しかし冬になり狩りが困難になると、例え「高EQマッチョ」であろうとも不安がよぎる。食料ストックが欲しい。そのために1対1では勝てない大物(マンモスとか)を捕りにいくならば、チームを組み「集団のルール」に従う必要がある。

当然獲物は「分け前」として共有する。上手く仲間に入れなかった人達は飢えるかもしれない。或いは狩りに言ったばかりに命を落とすかもしれない。結果に対して遡って「選択」の正当性が判断される。

狩りに参加した者たちは、必ずしも「仲良しグループ」ではなく、メンバーの好き嫌いよりも「群れ」や地域社会を優先することで、ひいては妻や子供の生活環境に安定をもたらすと考えての行動かもしれない。これらが「社会的知性」と言えるし、言わば「ストラテジ」(戦略)能力でもある。

だとすれば、米軍特殊部隊はEQが高いと言えるだろう。命を預け合い、国の利益のために職務を全うするのだから。

f0337316_11264510.jpg

し明らかに改革の必要な腐敗した集団において、例え波風立とうとも行動に出られない人は、自己愛が強く事なかれ主義であって、EQが高いとは言えない。波風立たない代わりにも役にも立たない。

なぜそう言えるのか。答えは結局の所「偏差値」(希少性)にある。

IQ(現在主流のDIQ=偏差IQ)の算出方法は偏差値と同じであり、母集団における出現率で計算する。

100人の中に2人いるだろう存在を偏差値70(以上)とし、それがIQならば130(以上)とする。即ち「上位2%」であり、存在していい絶対数(定員)が予め決まっている。

これにEQをあてはめると、サラリーマン的世渡り術をもってして「EQが高い」と算出しようものなら、サラリーマンの数に比例してEQが高いと思われる人の数が増えるから、母集団(日本人口)に対して極めて存在比率が高くなる。

存在する比率が高ければ高い程偏差値は下がっていくため、テストで高く評価される根拠がない。
※偏差値は「希少性」と捉えると解りやすい。

なぜなら「たくさんいる」時点でソレは優れた能力としては見なされず「当たり前」(すなわち「常識」)と認識するのが人間だからだ。

「常識」が備わっていない人と自分を比べて「優れている」というのならソレは間違いで、あくまで平均的なラインをクリアしたことを確認したにすぎない。

よって、滅多に存在しないタイプの人で「EQが高い」と評価されるだろう(べき)人は「リーダー」だ。優れた。

米軍特殊部隊に例えたが、「精鋭部隊」と言われる優秀なチームは個人技も優れ「出るところ譲るところ」を理解したEQ(社会的知性)の高い群れだと言える。それぞれがリーダーになる資質があっても、「今回のリーダー」に従う協調性を兼ね備えている。彼らは「プロジェクト」(招集・解散)型の任務を上手くこなすことができる。一般的には打ち解けるまでに時間がかかり、生産性が下がることが多い。

天才とEQ。スティーブ・ジョブズのEQは高いのか。』で問うてみたが、エレベーターで目が合わないよう努力しなきゃいけないほどスタッフを罵倒し解雇するジョブズでも、従業者がついてくる(同じ方向を向かせる)ということは結果としてEQが高いと言える。人の気持ちを前向きにさせるのだから。

言うまでもなく、能力のない者がジョブズの真似をしてスパルタ的コミュニケーションを導入しても、離職率が高まり終いにはパワハラで訴訟が起きる。結果としてEQが低いと言える。

IQとEQの大きな違いは、IQは検査結果で判明する値を持って知能が高いと言えるが、EQは成果を持って結論を出すしかない性質のものだ。

これは恋愛の結果に似ている。どんなにアンケート上「イイ人」であっても恋愛が成就するかというとそうではない。相手にとって「ペーパーイイ人」かどうかは「会うきっかけ」(書類選考の材料)にはなっても、その後はもっと重要視される要素が多々あり、人によって異なる。そして育まれた二人の愛の間において「イイ人」と認識され、当事者間ルールで決定付けられる。

それが、

EIに向けられる代表的な批判は、「EIを設定する基準がない」という批判である。IQテストの場合は学校の等級判定に近づくように設計されているが、EIに対してこのような基準となる等級がないと思われる。

と批判される由縁だろう。

f0337316_11265599.jpg

ョブズはパワハラで訴えられなくても、ジョブズを真似た者は訴えられる。人の心は水物で、基準を定めることはできないということ。恐らくそこには話し方、身のこなし、目つき、人間性、魅力、オーラ、スター性、カリスマ性など、科学的に証明することが難しい要素が複雑に絡み合っているからではなかろうか。

「なぜ私の方がはるかに歌が上手いのに、あんな下手な歌手が100万枚もCD売ってるワケ?」

的な。

少なくとも、人はアンタより「あんな下手な歌手」の方が好きだということは確定している。そこにケチを付けても、「私の方がEQが高い!」とか言っても人気は覆らない。

そう考えたら、検査結果を持って「私はIQが高い」と名乗ることはできても、「私はEQが高い」はとんだ思い上がりだということが言える。「IQよりEQだ」と言える人は、何に自信を持っているのか問うてみたい。

だから私はEQはノータッチだ。他人が決めることだから。

次回はEQと絡め、いよいよメインディッシュ(笑)の結晶性知能vs流動性知能について書いてみたい。

あとがき

チャーリー(
JAPAN MENSA会員

AEAJアロマテラピー検定1級
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
AEAJ認定環境カオリスタ
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
AEAJ認定アロマブレンドデザイナー
AEAJ個人正会員
JAMHAメディカルハーブ検定1級
JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター
JAMHA認定ハーバルセラピスト
【国】ITパスポート試験合格(笑)。
【国】情報セキュリティマネジメント試験合格
【国】臭気判定士
薬学検定1級試験合格
HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1試験に合格。
個人情報保護士認定試験に合格。
情報セキュリティ管理士認定試験に合格。
【公】メンタルヘルス・マネジメント検定II種(ラインケアコース)試験に合格。
Comptia Security+試験合格。
SEA/J情報セキュリティ技術認定CSPM of Technical試験合格。
【国】危険物取扱者 乙種 第4類試験合格。
【国】情報処理安全確保支援士(旧情報セキュリティスペシャリスト)試験合格。
【国】ファイナンシャル・プランニング技能検定2級試験に合格。

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)


by charlie-ls | 2017-07-09 11:28 | 個人ブログ | Comments(3)

優れた能力は“発信”しよう。自慢ではなく事実を示せばいい。』の続き。
※今年02月20日から下書きに入ったままだった(笑)。

IQ、天才ブームと時を同じくして、日本も欧米も、中産階級から富裕層にかけてIQベースの英才教育がトレンド化している。

各国のママさん達から話しを聞いている限り、定期的にIQを測定し、「お宅のお子さん伸びてますよ」的な児童英才教育システムに子供を託すのはおすすめしない。少なくとも任せっきりは。

第一に、何度も知能検査を受けると慣れてしまう点、もう1つはIQスコアによって「天才」と認定されることに満足し、真に天才であるのかを判断する能力を持ちあわせていない家庭・学習環境下で生まれる偽陽性の天才」(擬似ギフテッド)の問題だ。親も天才ならワケないんだが。

偽陽性の天才として生きるよりは、手堅い秀才の方が恐らくは成功する。

知能検査で問われる要素を積木やパズル、ゲームなどで日々トレーニングさせたら、何も知らない同年齢の他の子と比べて高いスコアが出るのは当たり前だ。それを親が「うちの子はギフテッドだ」と思い込んで育てると、18才または22才頃から「こんなはずじゃなかったのに」が始まる。

自他共に認める天才なら周りも喜んで投資(世話などの労力的・時間的投資も含む)してくれるからいいが、自分は天才だと思い込んでいるだけの“擬似ギフテッド”は周囲から好意的な協力が得られにくいので、いわゆる「コミュニケーション障害」の発症リスクが高まる。「理解してもらえない」被害妄想の原因になりやすい。
※本人に非はなく、親から聞いている「あなたは天才なのよ」と周囲はそう思っていないという差が本人の行き場を奪う。

真の天才は周囲にも利益(発明・発見など)をもたらすが、擬似ギフテッドは周囲に「対応」を求めるばかりで、周囲にとっては手間がかかるだけの存在でしかなくなってしまい、人間関係を学ぶにおいて大きな傷跡を残しかねない。

話しはトレーニングに戻って。

人の資格試験に例えるなら、過去問で散々学習した人と、過去問を見たこともない人が試験を受けた時の結果を比べることと同じだ。カンニングとまではいかないが、この差(慣れ)は大きい。

例え英才教育を受けていなくとも、幼少期から偶然興味を持って毎日親しんでいたものと試験内容が合致すると極めて高いスコアが出るし、オーバーアチーバーの要因となる。それ自体は悪いことではないが、「慣れ」と“天才”は意味が違うし、児童期はこの偶然の合致によるギャンブル的確率で生じる偽陽性天才スコアを特に考慮する必要がある。

何が問われるか全く解らないテストならば、教科書や参考書を広げた際に、どこを重点的に読むかは学習者の勘(←コレがいわゆる才能)や好み(←試験ととの合致性が(*e1))スコアを左右する。

しかし、過去問(類似問題)を見たことのある人(子)は、当然テストに出るだろう場所に目がいき、限られた勉強時間内で競うには、この学習効率の違いが試験結果に雲泥の差をつけることになる。同時に、自らの好みや興味よりも過去問の傾向が優先されるため、テストがなくなる年頃で方向感を失いやすく、一般社会ではあまり期待できない思考回路化している可能性がある。

試験対策的な暗記学習は教科書・参考書あってのもので(結晶性知能)、何かを発見するための能力(流動性知能)は培われない。

*e1)合致すればオーバーアチーバー、(知能が高くても)かすりもしないとアンダーアチーバーが生じる。決まった試験の点数こそが評価対象となる学業においては、とても大きな意味を持つ。

特に幼少期から小学校低学年までは、「早生まれ」を考慮する必要があるほど、数ヶ月の差が大きい。児童向け知能検査も誕生からの経過月数で計算する。生きた年数が短いため、その数ヶ月間に受ける刺激や得る情報量が占める割合が極めて大きいから。

だから、どんなに子供の頃高いIQが出ていたとしても、算出に精神年齢が考慮されなくなる15才以降、できれば18才以降に成人知能検査を受けることをオススメする。

人生はマラソンと同じで、序盤(児童期)に先頭を走っていたからと言って、一番でゴールすることを確約されているわけではない。

童期は「人生の濃度」(密度)が大きく影響する。

子供を「水」だとする。生まれてから経過した月数に比例し「水」は増えていく。その間に溶け込んだ知識や情報の量を水溶液の「濃さ」として考えた場合、当然濃い方が有利だ。もし偶然に知識や情報が密集していた「濃い部分」と試験内容が合致すると突出した成績を収める。が、15才も過ぎれば生きた日数(水分量が増し)と環境的刺激で分散され収束する。よく混ざり薄まっていくため特異性・有意性が失われていく。

他の子供達が、塾や家庭教師、参考書、テレビ、インターネットなどで同じ情報やノウハウに触れる確率が高まり、先頭集団が遅くなるというよりは、後方集団が追いついてくる。これは「多様性」という視点からも十分に議論されるべき点だ。

/*
※多様性:例えば、小さい頃から外国人の子供と慣れ親しんでいれば、ブロンドやブルネットの髪を見ても何も思わないが、そうでない場合「あの子は髪を染めてる違反だ!」と騒ぎ、先生に通報する子もいる。先生自身初めての体験だと、外国人の子供の髪を黒く染めさせてみたりする“事故”が発生する。これは経験値(知識、情報量)の欠如から生じる(教養もだが)。対応策を「知らない」=まだ教科書(対応マニュアル)に載ってないことに対応できない大人は、この先の多種多様な社会において決して優位とは言えない。
※未知の問題に取り組み解決する能力は流動性知能とされている。

*/

精神年齢を考慮する児童向け知能検査は、年上の兄弟がいるだけでも、日々インプットされる情報・刺激の違い(マンガやテレビ一つとっても自らの年齢よりも上の入力がある)から差が出る要因となりうる。
知能検査に限らず、「小学校1年生の入学からnヶ月目に●●の試験が抜き打ちで行われる」と知っている生徒とそうでない生徒の結果は目に見えている。お兄ちゃん、お姉ちゃんがいる家庭は「事前情報」のレベルが違う。そして親の心構えがまるで違う。

家族全員がぶっつけ本番という状況と、既に経験済みの環境下とでは、食卓の空気さえも異なる。

/*
社会人が資格試験を受ける際、受験経験者・合格者から体験記や出題範囲などの情報が得られる人は当然有利だ。インターネットがまだなかった時代は、その経験者が沢山いる上場企業など大企業勤務の人の方が環境的優位性が高かった。しかしインターネットで誰でも均等に情報が得られるようになったことで、大企業に属するという優位性が急速に弱まってきている。
*/

その差をもってして高い成績を収めている子を天才・秀才としてとらえるならば、先生のパソコンをハッキングして出題傾向を下調べし試験に合格する子も、能力的には同等またはそれ以上と評価せざるを得ない。

情報の入手手順・経路が異なるだけで、試験内容に対して先に試験範囲や出題傾向から対策しようとした方法論は同じだからだ。しかしそれでは、事前にいかに試験情報を手に入れたかの競争になってしまいモラル崩壊をまねく。最終的には「買収」が君臨することになる。

よって、事前情報がない子と競った結果高いスコアが得られても、それは本来の能力差とは言えず、ここにある差は、事前に試験内容を知っていたか否かの割合の方がはるかに大きい。どちらかと言えば親の気合いと所得の差かもしれないと思うシーンも多々ある。

大学受験における塾や予備校、模擬試験などの存在も同じだ。全くソレらに触れたことのない生徒と比べれば明らかに有利になる。

生からの経過時間によって徐々にその差が薄められ、知能においては15〜22才で収束すると思われる。問題は就職と就職後だ。

「先生と生徒」の関係値、そして試験の結果こそが全てであった学校時代とは打って変わって、社会人とは自分で考え自分で行動することが求められる。そして保護者の手を離れる。22才までの間、学力向上に特化(出題傾向に沿った暗記ベースの学習)しすぎた子供にとって急にそれを要求されてもなかなか厳しい。試験というわかりやすい結果では評価されず、「貢献度」という新しい指標で評価されることになる。

まるでアウェーとホームの交代でも起きたかのように、過去問も参考書も対策本も取り上げられた状態で同じ土俵に放り投げられてしまえば、それは右往左往するのは当然だ。

「指示待ち」の若手が増えていると度々見聞きするが、そういった教育の産物なんだろうと思う。

ましてやそこで周囲に「ギフテッド」として対応を求める擬似ギフテッドは「手間」でしかなく、芸能界に例えるなら、皆に利益をもたらす“スター”は多少のわがままは喜んで聞いてもらえても、2番手、3番手は才能よりもむしろ謙虚さとか礼儀とか、教養、マナーといった「人付き合いの基本」を要求されるものだ。「親ばか」は決して悪いとは思わないが、これらをしっかり見極めて育てていく必要がある。

冒頭で、

偽陽性の天才として生きるよりは、手堅い秀才の方が恐らくは成功する。

と書いたのは、子供本人よりもその親を見ていて感じることだ。数値で認定されたギフテッドは、飽くまで目安でしかない。我が子を信じることと、我が子をギフテッドに仕立て上げることはまるで違う。

と私は思う。

そこで「やっぱりEQの方が重要だ!」という展開を期待(?)して、次回はEQについて書いてみたい。

 

チャーリー(
JAPAN MENSA会員

AEAJアロマテラピー検定1級
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
AEAJ認定環境カオリスタ
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
AEAJ認定アロマブレンドデザイナー
AEAJ個人正会員
JAMHAメディカルハーブ検定1級
JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター
JAMHA認定ハーバルセラピスト
ITパスポート試験合格(笑)。
情報セキュリティマネジメント試験合格
臭気判定士(国家資格)
薬学検定1級合格
HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1試験に合格。
個人情報保護士認定試験に合格。
情報セキュリティ管理士認定試験に合格。
メンタルヘルス・マネジメント検定II種(ラインケアコース)試験に合格。
Comptia Security+試験合格。
SEA/J情報セキュリティ技術認定CSPM of Technical試験合格。
危険物取扱者 乙種 第4類試験合格。
情報処理安全確保支援士(旧情報セキュリティスペシャリスト)試験合格。

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)


by charlie-ls | 2017-07-01 23:19 | 個人ブログ | Comments(0)

カメラマン☆チャーリーのブログ


by チャーリー
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31