<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

人類はどんどん頭が悪くなっていることが判明! 各国で止まらない知能指数低下の謎』という説もあり、昨年、山口女史の『おバカってカワイイ?』を読んだ際にもソレを思い出した。

ットを飼う人達を観察していると、ペットのおバカな行動を見て「カワイイ」と言う。

しかし、賢い行動を見るとなぜか飼い主が誇らしげなドヤ顔は見せるが(生まれ持った知能の賜ではなく「しつけ」がイイと思っているのだろう)、「カワイイ」とは言わない。

私から見れば、その賢い行動こそが動物の本能や知性、多様性を垣間見せ魅了して止まないところだと思うんだが、例えば犬が飼い主以外に尻尾を振ることを好まない(ヤキモチを焼く)人もいる。

そこで飼い主達にそのカワイイ・カワイクナイの違いは何なのかと尋ねてみたところ、おバカなところがカワイイらしく、自分がそばにいてあげなきゃいけない感がまた更に「愛おしい」らしい。母性本能だ(ちなみに全員女性)。

※最近の研究では、「母性本能」というものは存在せず、後天的に覚える(刷り込まれる)ものらしい。女性はこうあるべきという習慣・文化によって創造されたもののようだ。女性に子育てを押しつけるために生み出されたのかもしれない。一方で「父性本能」は先天的に持ち合わせているらしい。

ある日家に帰ったら、飼い犬が自分で買い物に行って、ソファーでドッグフードをボリボリ食べながらナショナルジオグラフィックを観ていたらどうかと問うと、誰一人「カワイイ」とは言わなかったし顔をしかめた。

賢く自立していると、自分を必要としないから可愛くないということか。

だとすれば、人は自分よりおバカな人しか愛せないのだろうか。

ということは、DNAレベルの知能とは、下がることはしても上がることはないことになる。8割が遺伝だから。冒頭の記事について大方説明が付く。

/*
この説から行けば、頭の良い人は愛せる対象者の範囲が広くなり、そうでない人は僅かな範囲の人しか愛せないということになる。
*/

f0337316_14033795.jpg

こで人類(女性)は、潜在的にこの“流れ”に危険を察知し「DNAを買う」という行動に出たのかもしれない。近年。

つい数年前まで私は、この“選択”について自然の摂理に反するんじゃないかと漠然とした「賛成はしない」ポジションをとっていたが、もし人類絶滅(または後退)の危機を感じ取った女性達の防衛(生存)本能がそうさせているのだとすれば、それもまた自然の摂理だと考えるようになった。

母性本能は後天的なものだから「本能」ではなく習慣的(学習して身につける)なもの。一方防衛(生存)本能は不随意神経や反射神経のように元来動物に備わっているものだ。だとすれば、母性本能の「おバカでカワイイ」を信じるよりも、DNAをカタログスペックから選択しその子孫を残そうとする「防衛(生存)本能」を信じるべきなのかもしれない。

信じるべきというよりは、その声に耳を傾けてみるべきと言った方がいいか。

ハイスペックな女性を敬遠する男性然り。おバカなペットが愛おしい女性然り。彼女や妻が“世間を知る”ことを恐れる男性然り。子供が自立すると嬉しさよりも寂しさが勝る母親然り。弟子が外を見て多くを学ぼうとすると機嫌が悪くなる師匠然り。国民が賢くならないよう他国の情報を見せたがらない社会主義国然り。

自分が頼られ続けることによって自らの存在価値を見いだし、その自己愛の道具として他人を縛り続けるのだとすれば身勝手極まりない。他人を犠牲にし自らを満たすのだからではなくだ。

犬派よりも猫派の人の方が知能が高いというデータがある。私は犬派(ブルドッグ、パグに限る)だが、尻尾を振り無邪気に転げ回る犬に対し、猫の「別に」という態度は決して「ご主人様がいなければ私は生きていけません」という依存的な媚び・上目遣いは見せていないことから、今回書いてみたことと照らし合わせると一定の説得力がある。

ならば女性が自立しようと社会進出を進める動きは賢さの象徴であり、もし自分よりもおバカな女性でなければ愛せない男性が多いのであれば、女性の地位が上がれば上がる程釣り合いのとれるカップルは誕生しづらくなる。こうなったらカタログからDNAを選択し購入しようかという女性の決断は、今後ヒトが生存し続けるために軌道修正をはかっているのかもしれない。

少なくとも女性は自分よりもおバカな男性を選ばないのならば、やはり母性本能のソレよりも防衛(生存)本能を信じる方が合理的だし、進化論(適者生存)を信じるならば当然でさえあるように思う。

f0337316_17124205.jpg
女性はどんな決断を下すのか。Photo: 2014年 赤坂ルチアーノショー

バカであること=愛おしさとは、ライオンのように(自分の遺伝子を引き継いでない)子供を崖から突き落とし、這い上がってきた子供だけを育てる(獅子の子落し)ようなスタイルは正反対だし、肉食動物のように子供が小さい頃から狩りを教える「自立」前提の育て方とも正反対であり、甘え=依存度こそが愛情の深さに結びつくならば、自立しないことこそが永遠の愛の礎となることを意味し社会は破綻する。

参考資料:残酷度は共食い以上! ライオンの「子殺し」の実態を獣医が明かす

上記記事では、「ダメ男」と共に生きるメス達の“選択”が見てとれる。

根本に立ち返ると、自立=自分のもとを離れていく(愛情関係の終了)と受け止めてしまう精神性に問題があるように思うが、「私がいなければこの子(人、動物)は生きていけない」感に愛情の根源を見いだしてしまうと、代理ミュンヒハウゼン症候群に陥りかねない。

なぜなら、依存度を元に愛を感じるのであれば、依存し続けるようにしむけることが予想されるからだ。自立を愛情関係の終了だと感じている以上、終わらせないためには自分がいなければならない状況を作りだそうとする

収入がなく、出ていきたくても出て行けない(または親権を失う可能性のある)妻に対し「どうせ行くところなんてないんだろう?」的な態度をとる夫も然り。そこには依存から生じる立場の優劣が存在する。そして人類は長い年月、女性が自立しないようにしむけてきた。

そこに疑問を持たないはずがない高学歴・高地位な女性達が、まさか自分よりおバカな男性を選ばないだろうことを考えたら、「おバカがカワイイ」という感情は、独占欲、所有欲、支配欲を源とする欲求・欲望であって“愛”ではないんじゃないか。

と私は常々感じている。

ットを飼う人達の中には、「ペットは裏切らない」から好きという人が一定数いる。では、ある日突然“彼女”を連れてきて、「今まで世話になったが家を買って2匹で住むことにしたんだ。家を出るよ」と犬が自立と「これからの人生」を告げてきたらどうかと問うてみると、誰一人カワイイとは言わず「ムカつく」とさえ言った人もいる。結構真顔で(笑)。

恐らく飼い主達はペットに対する「愛」に疑問を持っていないし、本当に可愛がって育てていると思うが、「自分の欲を満たしてくれている限り愛する」という一面を感じなくもないことが多々ある。

「欲を満たしてくれないなら愛さない」のだとすれば、「私に興味がなさそうなあの人=冷たい人」という発想にも頷ける。本人には悪いが(笑)。

果たして“愛”とは何かに引き換えられるべきものなのだろうか。

近々「愛と見返り」についてアップしたい。

あとがき。
考察:乳児のアタッチメント

チャーリー(
JAPAN MENSA会員

AEAJアロマテラピー検定1級
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
AEAJ認定環境カオリスタ
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
AEAJ認定アロマブレンドデザイナー
AEAJ個人正会員
JAMHAメディカルハーブ検定1級
JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター
JAMHA認定ハーバルセラピスト
【国】ITパスポート試験合格(笑)。
【国】情報セキュリティマネジメント試験合格
【国】臭気判定士
薬学検定1級試験合格
HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1試験に合格。
個人情報保護士認定試験に合格。
情報セキュリティ管理士認定試験に合格。
【公】メンタルヘルス・マネジメント検定II種(ラインケアコース)試験に合格。
Comptia Security+試験合格。
SEA/J情報セキュリティ技術認定CSPM of Technical試験合格。
【国】危険物取扱者 乙種 第4類試験合格。
【国】情報処理安全確保支援士(旧情報セキュリティスペシャリスト)試験合格。
【国】ファイナンシャル・プランニング技能検定2級試験に合格。

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)


by charlie-ls | 2017-08-14 17:20 | 個人ブログ | Comments(0)

名な錯視図だが、エビングハウス錯視(Ebbinghaus illusion)というらしい。


f0337316_14192245.png
Wikipediaより。

中央の円が右側の方が大きく見えるというもの。Photoshopで重ねてみたところ大きさは同じだった。

し視点を変えて、「取り巻き」についていろんな見方がある。

美男美女に囲まれていると自分がショボく見えるからイヤという人もいれば、その方が自分も華やかに見えるからイイという人もいる。

自分がショボくて周りもショボいと超ショボくなるという意見もある。

高学歴とか高所得とか、或いは有名人だったり社会的な地位の高い人達に囲まれていると自分が平凡に見えるからイヤという人もいれば、そういう人達に囲まれている=自分も優秀だ(または成功している)と見なされるからイイという人もいる。

確かに仲間に入れてもらえているということは、うまくいっているのか何か役立っているのかもしれない。

フェラーリなどのド派手な高級車に乗っていると車ばかり注目されるからイヤという人もいれば、華を添えてくれてイイという人もいる。

実際、車だけが注目されて、降りてきたの方は誰も見ていないこともあるし、その反対もある。

参考資料:子どもがだまされにくい理由:「エビングハウス錯視」研究|WIRED.jp

にヒントがあるように思う。

大人は前後の流れや文脈、エピソードなどから推察する力がある。言い換えると、「こういう車に乗っている人って●●な人だろう」という先入観、思い込み、偏見でもある。

子供が騙されにくいのだとすると、大人のソレは「推察力」というよりは偏見や先入観、嫉みなどで事実を曲解しているということになる。もしかするとマイナス面が多いかもしれない。屁理屈で正当化し間違ってなかったことにする人も多い。

認知の歪みだ。


f0337316_14255419.jpg

は「画一的」の代表格である「制服」はどうか。本当に皆が均等に見えるだろうか。個性の剥奪なのだろうか。

古典的ないわゆる「不良」といわれる少年・少女達は、制服などを嫌う傾向が強い。同じ格好をすることで「その他大勢」と化することを嫌う(アドラー心理学で言うところの第2、3段階かもしれない)。

しかし制服を着ることで、むしろ確実に「本人」そのものの個性に目を向けさせることができるとも考えられる。

服が派手とかバッグが高級という要素はファッションセンスなど本人の性格や嗜好を占う材料にはなるが、「服や持ち物でごまかしている」「スゴく見せている」と考える人もいる。すなわち「演出効果」だという受け止め方だ。

ならば制服を着るということは、同じ土俵で同じルールで個性を競う「フェア」な環境が整うことを意味する。

それでも「制服が似合う・似合わない」というアンフェアな要素を排除すべきだと言い出す人もいるかもしれない。では究極のところ「裸」ならどうだろう。鍛え上げられた贅肉のない肉体とか、グラマラスな曲線美とか、確かに本人の持つ「個性」が際立つものの、「アンフェア」が解消されたから自分が優位になるわけではなく、場合によっては更に差が付いてしまうことを指し示している。

ルールを変えても勝者が変わらないパラドックスのようなものが存在する。

すなわち制服は割とフェアだ。

“ルール”が決まったので制服について考えてみたい。制服を着て個性が失われるのだとすれば、元々大した個性ではないと私は考える。前述の「不良」の例で言えば、「制服を着ている集団の中で制服を着ない」(または形を変える)という選択(=ルールを破る)によって自分らしさを主張しているのであって、皆が制服を着ていない(帰宅後、卒業後など)状況下では埋もれてしまう脆さをもっている。そこで爆音で暴走するなどの行為で注目を集めようとする。「ゴミ拾い」では“ガラじゃない”のだろう。あまり注目されないし。

既に在るものを壊す行動は、無いところに生み出すことよりも簡単だ。破壊活動による自己主張は短絡的と言える。ルールを破る、曲げるというのはそういうことであり、オレサマルールを押し通したいのであれば、他人の築いた世界を変えるのではなく、自分でその世界を創る必要がある。

例えばスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグに警官やレスキュー隊の制服を着せた場合、人々は彼らを見失ってしまうだろうか。

決して彼らが「その他大勢」になるとは思えない。立っているだけもオーラが違うだろうし、一言口を開けば、圧倒的な「違い」(カリスマ性)を見せつけられるはずだ。

すなわち、本当に個性のある人達にとって「制服」とは、ますます本質的な個性やパーソナリティにスポットを当ててくれる=「余計なものをマスキングしてくれる」代物であって、没個性とは無関係どころか正反対のものであることがわかる。


f0337316_14263887.jpg

いったことから、冒頭のエビングハウス錯視に戻ると、大人は騙されやすく子供が騙されにくい理由も見えてくる。

取り巻きや覆っているものによってスゴく見えたりショボく見えたりする「錯視」は、観察者(見ている側)から見た「取り巻き」に対する評価の度合いで決まると言える。

「フェラーリに乗ってる彼は成功者だ!」と見える人は、フェラーリが富や成功の象徴だと認知している証であり、「フェラーリのような高級車は車ばかりが目立って乗っている人がショボく見える」という人もまた、フェラーリが人よりも遙かに大きな存在だと認知しているということだ。

しかし社会に出るとそこは大人の世界なので、大人ほど錯視に騙されやすいのであれば、「スゴそうに魅せる方法」というのもまた大人の技術だと考えられる。実際に、ブランディングやマーケティングに取り入れられている。

目を見て話せば人が信用するのであれば、ペテン師ほど目を見て話すようになるだろうということと同じで(『目を見て話すと、かえって逆効果になる可能性。』)、それが錯視であろうと錯視を応用した(逆手に取った)技術であろうと、結局のところ本質を見抜く目を培っていかなければならないというところに落ち着く。

と、エビングハウス錯視は再認識させてくれた。

あとがき。

参考リンク:栄光浴。誰々を知ってるオレはスゴイ系。

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)

チャーリー(
JAPAN MENSA会員

AEAJアロマテラピー検定1級
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
AEAJ認定環境カオリスタ
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
AEAJ認定アロマブレンドデザイナー
AEAJ個人正会員
JAMHAメディカルハーブ検定1級
JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター
JAMHA認定ハーバルセラピスト
【国】ITパスポート試験合格(笑)。
【国】情報セキュリティマネジメント試験合格
【国】臭気判定士
薬学検定1級試験合格
HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1試験に合格。
個人情報保護士認定試験に合格。
情報セキュリティ管理士認定試験に合格。
【公】メンタルヘルス・マネジメント検定II種(ラインケアコース)試験に合格。
Comptia Security+試験合格。
SEA/J情報セキュリティ技術認定CSPM of Technical試験合格。
【国】危険物取扱者 乙種 第4類試験合格。
【国】情報処理安全確保支援士(旧情報セキュリティスペシャリスト)試験合格。
【国】ファイナンシャル・プランニング技能検定2級試験に合格。


by charlie-ls | 2017-08-11 14:49 | 個人ブログ | Comments(0)

タイトルはテキトーで(笑)、概略としては「思い込み」「勘違い」をテーマに。

しぶりに話したとある20代日本人女性から恋の悩みを聞いた。

「お金持ちの男性って冷たい人が多いですよね」

全く同意しない(笑)。

自ら立ち上げた会社を営むお金持ち男性に、1年ほど遠くから恋い焦がれていたそうで、ついにちょっとゆっくりお喋りをする機会があったらしい。話しを聞いてみると、特に何かヒドイ事を言われたとか、冷たくあしらわれたわけでもなく話しは弾んだよう。が、認知面接よろしく細かくタイムラインをさかのぼっていくと、たまに男性がスマートフォンに目をやる姿が「冷たい」と感じたようだ。かといって上の空というわけではなく。

なぜ冒頭で「全く同意しない」と言ったのか。

「冷たい」というより、「自分に気がなさそう」と感じただけじゃないか。その失望感(?)が脳に対し事実を歪曲して認知させているように思う。

お金持ちにも冷たい人はいるだろうが、そもそもお金持ち自体が少ないので、確率的に言えば「冷たい人が多い」と言えるほどお金持ちを知っているとは思えない。少なくとも私が知る限り、お金持ちでない人と比べ冷たいと感じたことはゼロだ。

田舎の人が「都会人は冷たい」というソレにも似ていて、ベースにしている生活のサイクルや価値観が異なるだけで、どちらが優しい・冷たいではない。

例えば田舎の人に対し「突然連絡もなしに手料理持って尋ねて来られても困るし」というのは世界共通だし、最終電車を気にする都心部在住の人と、車移動が当たり前の田舎の人とでは「終わりの時間」の設定がまるで異なる。零時頃そそくさと帰っていく都会人が冷たいかというとそうではなく、交通手段(代替手段との金銭的都合も含め)の都合・事情でしかない。「タクシー代出すよ」と言えば喜んで残るかもしれない。

f0337316_10265312.jpg
知人から今ココにあるものだけで「アンニュイでガーリーで、モテないけどお洒落(準備)してる感」
を出してくれと言われて撮ってみた写真。得意分野じゃない(笑)。

じように、お金持ちが冷たいのだとすれば、それは大方お金持ちが気にする事と、お金持ちでない人が気にすることの対象やルールが異なるからであって、お金持ちである以上お金の出所があるのだから、取引先の電話を待っているかもしれないし、重大発表直後に株価が気になっているかもしれないし、為替の乱気流に仕入れコストの変動を気にしているかもしれないし、土地や不動産の売買報告待ちかもしれない。

従業者とその家族の生活を背負っていれば尚更だろう。

その人にとって、当該女性との会話がイヤとか苦痛とかではなくとも、待っている連絡を無視してまで話したい相手かというとそうではないかもしれない。優先順位の問題だ。

もし自分が働く会社の経営陣が、特に付き合っているわけでもないどこの誰ともしれない20代女性との会話に集中して重要な電話に出ない・メールの返信をしないのだとすれば、どう思うだろうか。

当の女性本人はその瞬間気分をよくするかもしれないが、結婚して子供ができてもその優先順位を保っていたらどうだろうか。決していい男・いい人ではない。

例えば就職の際に面接の結果が電話で来るとすれば、電話機を仕舞い込んでまで友人との会話に集中するだろうか。

下手すれば「アンタの話しなんていつでも聞けるし、こっちは人生がかかってるのよ。そもそもさっきからSNSにアップしたことしか話してないじゃない」(笑)くらいの心境で電話機を握りしめ適当な相づちでやり過ごすんじゃなかろうか。

100万円当たる目論見で買ったクジが500円しか当たらなかった場合、クジは購入者を裏切ったわけではない。そしてクジが冷たいわけではない。常温だ。

当該女性は、自分が好きだから相手も自分に好意的に接してくれるだろうという目論見が外れただけであって、算数で言えば計算ミスでしかない。

外との通信を一切遮断し、「世界に私と貴女だけ」としてじっと見つめてもらえるものだと計算したのであれば、私はその自信がどこから湧いて出てきたのかを何時間かけてでも聞いてみたい(笑)。

f0337316_10264391.jpg

えばバレエを習っていたとする。世界最高の名門ボリショイバレエ団のコーチと喋る機会があった場合、そのコーチが私だけのために電話も仕舞い込んで向き合ってくれるだろうか。

そもそもそのコーチにはどんながあるんだろうか。

と考えたら答えは自ずと導かれるんじゃないだろうか。

「えぇ〜、お金持ちって損得で人と喋るのぉ〜?」と考えたのなら末期だ(笑)。好きだと思う人(恋する側)は、ちょっと話すだけでも得しているのだから。この場合の「得」とは、自分の心が満たされるとか、嬉しい気持ちになるとか、幸せな気分を味わえるということだ。すなわちそれは相手から与えられたもの

ではもう一度、先方にどんな得があるだろうか。好きでもないのに(多分)

「相手に与えるもの」という視点が根っこの先の土どころか地層レベルで抜け落ちていないか。

「時間を割いてくれたってことは、きっとあの人も私に気があるのよ」と思ったのであれば、それも典型的な確証バイアスのなせる技であり、単に「スゲーいい人」なだけかもしれないじゃないか(笑)。冷たいどころか人情味溢れる。

であれば、時間を割いて話しをしてくれたことに感謝こそすべきであって、スマートフォンを気にしていたから冷たいと判断するのは身勝手極まりない。自己中心的すぎる。

と当該女性に話したところ、「全く考えてもいませんでした! アハハハハハハハハァッ! ねぇ」という反応だった(笑)。最後の「ねぇ」は自分で自分に呆れる感じで。

そしてまるで持久戦の末便秘を解消したかのようなスガスガしい顔で帰っていく女性の姿が忘れられない(笑)。

f0337316_10270602.jpg

して女性の気持ちがわからないわけではない。ただ話しを聞くだけならフムフムと頷いてもみるんだが、相談されると思ったことをストレートに伝えるタイプなのでこういう内容になった。

女性の「一途」なところでもあると思う。例えばイタリアンレストランで働き出すとイタリアワインが一番と言い、フレンチレストランで働き出すとフランスワインが世界最高だと言う人が多いように。好きな男性が変わると「黒が好き」から「白が好き」と変貌し、場合によっては黒が好きだった事は生まれてこのかた一度もなかったとさえ言う人もいる。

ヒトには少なからず「今が一番であって欲しい」願望がある。「今」が過去の集大成ならそれは当然だろう。

そして一途な気持ちが勢い余ってアナタ色に染まりたいと化する。特に日本人女性は。

女性は好みの変化で大凡現在誰に気があるのか予測が付くほど変わる。そんなピュアな乙女心が可愛いと言う男性もいる。

偶然に自分色アナタ色が一致すればイイが、染まる色を間違えば自分(主体)を失ってしまい、端から見ている人には行き当たりばったりというか危うい印象が残る。同じ失敗を繰り返し、学習能力が疑わしい人もいる。

当然お目当ての相手の目にもそう映るのであって、「明日は何と言っているのかな」感は不安材料になるんじゃないだろうか。昨日他の誰かに言った「日本酒が一番」から一晩で「シャンパンが一番」に変わっているかもしれないのだから、八方美人どころかその場しのぎとさえ思われ兼ねない。

そういった盲目的な気持ちは、お互いに恋い焦がれている時は圧倒的な爆発力があるかもしれない。が、相手が大人だと「若さ」(エネルギー)という魅力は感じたとしても、「特別な人」になり得るかというと違う気がする。

特に社会的責任の重い立場の人なら「個」を捨て「公」を選ばなきゃいけないことも多々ある。そこで「スマートフォンと私どっちが大切なの?」的な感情は少なくとも「一番大切なもの」には選ばれないんじゃないだろうか。ましてや付き合ってもないうちからソレでは。

というのが私の見解だ。

アップしたら当該女性にこの投稿のURLを送ることになっている(笑)。

あとがき。

参考資料(笑):
私とギターどっちが大切なの? Yngwie夫婦に学ぶ。

ナイキを履いたガンジー。

チャーリー(
JAPAN MENSA会員

AEAJアロマテラピー検定1級
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
AEAJ認定環境カオリスタ
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
AEAJ認定アロマブレンドデザイナー
AEAJ個人正会員
JAMHAメディカルハーブ検定1級
JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター
JAMHA認定ハーバルセラピスト
【国】ITパスポート試験合格(笑)。
【国】情報セキュリティマネジメント試験合格
【国】臭気判定士
薬学検定1級試験合格
HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1試験に合格。
個人情報保護士認定試験に合格。
情報セキュリティ管理士認定試験に合格。
【公】メンタルヘルス・マネジメント検定II種(ラインケアコース)試験に合格。
Comptia Security+試験合格。
SEA/J情報セキュリティ技術認定CSPM of Technical試験合格。
【国】危険物取扱者 乙種 第4類試験合格。
【国】情報処理安全確保支援士(旧情報セキュリティスペシャリスト)試験合格。
【国】ファイナンシャル・プランニング技能検定2級試験に合格。

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)


by charlie-ls | 2017-08-01 10:40 | 個人ブログ | Comments(2)

カメラマン☆チャーリーのブログ


by チャーリー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31