人類はどんどん頭が悪くなっていることが判明! 各国で止まらない知能指数低下の謎』という説もあり、昨年、山口女史の『おバカってカワイイ?』を読んだ際にもソレを思い出した。

ットを飼う人達を観察していると、ペットのおバカな行動を見て「カワイイ」と言う。

しかし、賢い行動を見るとなぜか飼い主が誇らしげなドヤ顔は見せるが(生まれ持った知能の賜ではなく「しつけ」がイイと思っているのだろう)、「カワイイ」とは言わない。

私から見れば、その賢い行動こそが動物の本能や知性、多様性を垣間見せ魅了して止まないところだと思うんだが、例えば犬が飼い主以外に尻尾を振ることを好まない(ヤキモチを焼く)人もいる。

そこで飼い主達にそのカワイイ・カワイクナイの違いは何なのかと尋ねてみたところ、おバカなところがカワイイらしく、自分がそばにいてあげなきゃいけない感がまた更に「愛おしい」らしい。母性本能だ(ちなみに全員女性)。

※最近の研究では、「母性本能」というものは存在せず、後天的に覚える(刷り込まれる)ものらしい。女性はこうあるべきという習慣・文化によって創造されたもののようだ。女性に子育てを押しつけるために生み出されたのかもしれない。一方で「父性本能」は先天的に持ち合わせているらしい。

ある日家に帰ったら、飼い犬が自分で買い物に行って、ソファーでドッグフードをボリボリ食べながらナショナルジオグラフィックを観ていたらどうかと問うと、誰一人「カワイイ」とは言わなかったし顔をしかめた。

賢く自立していると、自分を必要としないから可愛くないということか。

だとすれば、人は自分よりおバカな人しか愛せないのだろうか。

ということは、DNAレベルの知能とは、下がることはしても上がることはないことになる。8割が遺伝だから。冒頭の記事について大方説明が付く。

/*
この説から行けば、頭の良い人は愛せる対象者の範囲が広くなり、そうでない人は僅かな範囲の人しか愛せないということになる。
*/

f0337316_14033795.jpg

こで人類(女性)は、潜在的にこの“流れ”に危険を察知し「DNAを買う」という行動に出たのかもしれない。近年。

つい数年前まで私は、この“選択”について自然の摂理に反するんじゃないかと漠然とした「賛成はしない」ポジションをとっていたが、もし人類絶滅(または後退)の危機を感じ取った女性達の防衛(生存)本能がそうさせているのだとすれば、それもまた自然の摂理だと考えるようになった。

母性本能は後天的なものだから「本能」ではなく習慣的(学習して身につける)なもの。一方防衛(生存)本能は不随意神経や反射神経のように元来動物に備わっているものだ。だとすれば、母性本能の「おバカでカワイイ」を信じるよりも、DNAをカタログスペックから選択しその子孫を残そうとする「防衛(生存)本能」を信じるべきなのかもしれない。

信じるべきというよりは、その声に耳を傾けてみるべきと言った方がいいか。

ハイスペックな女性を敬遠する男性然り。おバカなペットが愛おしい女性然り。彼女や妻が“世間を知る”ことを恐れる男性然り。子供が自立すると嬉しさよりも寂しさが勝る母親然り。弟子が外を見て多くを学ぼうとすると機嫌が悪くなる師匠然り。国民が賢くならないよう他国の情報を見せたがらない社会主義国然り。

自分が頼られ続けることによって自らの存在価値を見いだし、その自己愛の道具として他人を縛り続けるのだとすれば身勝手極まりない。他人を犠牲にし自らを満たすのだからではなくだ。

犬派よりも猫派の人の方が知能が高いというデータがある。私は犬派(ブルドッグ、パグに限る)だが、尻尾を振り無邪気に転げ回る犬に対し、猫の「別に」という態度は決して「ご主人様がいなければ私は生きていけません」という依存的な媚び・上目遣いは見せていないことから、今回書いてみたことと照らし合わせると一定の説得力がある。

ならば女性が自立しようと社会進出を進める動きは賢さの象徴であり、もし自分よりもおバカな女性でなければ愛せない男性が多いのであれば、女性の地位が上がれば上がる程釣り合いのとれるカップルは誕生しづらくなる。こうなったらカタログからDNAを選択し購入しようかという女性の決断は、今後ヒトが生存し続けるために軌道修正をはかっているのかもしれない。

少なくとも女性は自分よりもおバカな男性を選ばないのならば、やはり母性本能のソレよりも防衛(生存)本能を信じる方が合理的だし、進化論(適者生存)を信じるならば当然でさえあるように思う。

f0337316_17124205.jpg
女性はどんな決断を下すのか。Photo: 2014年 赤坂ルチアーノショー

バカであること=愛おしさとは、ライオンのように(自分の遺伝子を引き継いでない)子供を崖から突き落とし、這い上がってきた子供だけを育てる(獅子の子落し)ようなスタイルは正反対だし、肉食動物のように子供が小さい頃から狩りを教える「自立」前提の育て方とも正反対であり、甘え=依存度こそが愛情の深さに結びつくならば、自立しないことこそが永遠の愛の礎となることを意味し社会は破綻する。

参考資料:残酷度は共食い以上! ライオンの「子殺し」の実態を獣医が明かす

上記記事では、「ダメ男」と共に生きるメス達の“選択”が見てとれる。

根本に立ち返ると、自立=自分のもとを離れていく(愛情関係の終了)と受け止めてしまう精神性に問題があるように思うが、「私がいなければこの子(人、動物)は生きていけない」感に愛情の根源を見いだしてしまうと、代理ミュンヒハウゼン症候群に陥りかねない。

なぜなら、依存度を元に愛を感じるのであれば、依存し続けるようにしむけることが予想されるからだ。自立を愛情関係の終了だと感じている以上、終わらせないためには自分がいなければならない状況を作りだそうとする

収入がなく、出ていきたくても出て行けない(または親権を失う可能性のある)妻に対し「どうせ行くところなんてないんだろう?」的な態度をとる夫も然り。そこには依存から生じる立場の優劣が存在する。そして人類は長い年月、女性が自立しないようにしむけてきた。

そこに疑問を持たないはずがない高学歴・高地位な女性達が、まさか自分よりおバカな男性を選ばないだろうことを考えたら、「おバカがカワイイ」という感情は、独占欲、所有欲、支配欲を源とする欲求・欲望であって“愛”ではないんじゃないか。

と私は常々感じている。

ットを飼う人達の中には、「ペットは裏切らない」から好きという人が一定数いる。では、ある日突然“彼女”を連れてきて、「今まで世話になったが家を買って2匹で住むことにしたんだ。家を出るよ」と犬が自立と「これからの人生」を告げてきたらどうかと問うてみると、誰一人カワイイとは言わず「ムカつく」とさえ言った人もいる。結構真顔で(笑)。

恐らく飼い主達はペットに対する「愛」に疑問を持っていないし、本当に可愛がって育てていると思うが、「自分の欲を満たしてくれている限り愛する」という一面を感じなくもないことが多々ある。

「欲を満たしてくれないなら愛さない」のだとすれば、「私に興味がなさそうなあの人=冷たい人」という発想にも頷ける。本人には悪いが(笑)。

果たして“愛”とは何かに引き換えられるべきものなのだろうか。

近々「愛と見返り」についてアップしたい。

あとがき。
考察:乳児のアタッチメント

チャーリー(
JAPAN MENSA会員

AEAJアロマテラピー検定1級
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
AEAJ認定環境カオリスタ
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
AEAJ認定アロマブレンドデザイナー
AEAJ個人正会員
JAMHAメディカルハーブ検定1級
JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター
JAMHA認定ハーバルセラピスト
【国】ITパスポート試験合格(笑)。
【国】情報セキュリティマネジメント試験合格
【国】臭気判定士
薬学検定1級試験合格
HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1試験に合格。
個人情報保護士認定試験に合格。
情報セキュリティ管理士認定試験に合格。
【公】メンタルヘルス・マネジメント検定II種(ラインケアコース)試験に合格。
Comptia Security+試験合格。
SEA/J情報セキュリティ技術認定CSPM of Technical試験合格。
【国】危険物取扱者 乙種 第4類試験合格。
【国】情報処理安全確保支援士(旧情報セキュリティスペシャリスト)試験合格。
【国】ファイナンシャル・プランニング技能検定2級試験に合格。

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)


by charlie-ls | 2017-08-14 17:20 | 個人ブログ | Comments(10)
ルチアーノショー寄稿ブログ

赤坂ルチアーノショーで働いた4年間で、ある1人のショーダンサーとある1人の女性スタッフに「私よりも私を信じてくれてありがとう」と言われた。
夜霧よ今夜もありがとう的な。
この表現が印象深く、私は今でもその“シーン”を鮮明に覚えている。

最近自宅の掃除をしたところ、使っていない2007年製のノートパソコンが出てきたので、誰かに譲ろうかと思ったものの、付属品(インストールDVDや説明書など)が見つからない。
6台あるうちの唯一この1台分がなく、これまでも紛失したことはなかったので、思いつくところも思いつかないところも探してみたが出てこない。

幾度となく「捨ててしまったのだろうか」と脳裏をよぎった。

その夜、ロンドンとの電話の最中に「どう思う?」と意味もなく聞いてみた。
するとこの女性は、「貴方の性格からすると、1つの袋か何かに入れて付属品をまとめて保管してるはず。表書き付きでね。場合によってはレシートとか購入明細まで」と返してきた。
「捨てた可能性は?」と問えば「ない。まずない。探してる場所が違うだけ」と自信を持って断言する。

ナイナイ、ナイナイ言ってるとどこからともなくシブがき隊の「NAI・NAI 16」が流れ出す可能性があるのでヒヤヒヤしながらも捜索を続けたが、はやりない

探す場所が違うだけ。
それをヒントに、私なら探さない場所はどこだろうと考えてみた。

あった。
関係のない業務ファイルの隙間に挟まっていた。
書類整理時に入り込んでしまったようだ。
場所は最初に探した「あるべき」場所だった。

グリニッジ天文台が13時を指す頃、ロンドンの推測通り商品到着時の宅配便配送伝票とアップルストアの購入明細まで1つの封筒に入った状態で見つかった(笑)。
「2007年09月05日 MacBook Pro 付属品」と表書き付きで。
おかげで何年何月何日に注文し支払い方法からいつ受け取ったかまでわかる。
私らしい。

付属品が冊子とDVD1枚なので薄っぺらく、ついつい少し厚みのあるものばかりを探していたことも見つからなかった原因の1つだったとわかった。

私よりも私を信じてくれてありがとう」という言葉を思い出した。
確かに私はこういったものを捨てるはずがない性格だし、紛失もしない。
が、探しても見つからないとなぜか「捨ててしまったのだろうか」と考えてしまった私がいる。
絶対に捨てるはずがない自分を誰よりも知っているはずなのに、捨ててしまった可能性を僅かでも感じるということは、やはり私は捨ててしまう可能性がある人間なのだろうかと。

いや、ない。
いくら考えてもパソコンの付属品を捨てる可能性はない。
ならば微塵でも疑った理由がわからず、自分で迷宮入りしてしまった。

なぜなら、疑う理由もないことを疑う癖があるのだとすれば、それは脳の回路に問題があるからだ。

例えば「私は嘘はつかない」とか「私を疑うんですか?」と言いつつ嘘をつく人は、言い訳を考えたり周囲に根回し(口裏合わせ)するのも早いし慣れている。
自分が嘘をつくことを自分自身が一番よくわかっているので、相手が本当に調べた時のことを考え、先回りして対応するのもごく自然な流れ作業の一環だから。
でも本当に嘘をつかない人は、自分の中で整合性がとれない事象が生じると、第三者を交えて一部始終を順を追って説明・追跡を始める。自分自身がわからない場合は、他の誰かの目によって検証・実証してほしいから。嘘をついていないので当然“反証”されることはまずないため、人目にさらされることにリスク自体が存在しない。まさしく自分を疑う余地がない姿だ。

人の心理というのは行動に出る。

では私は、パソコンの付属品を捨てるはずがないのに、捨ててしまった可能性を自分に対して疑った理由は何なんだろう。
自分を信じていないのだろうか。どこか自分の中に信用できない部分があるのだろうか。

このロンドンの3丁目あたり(笑)に住む女性は、私が捨てるはずがないと断言し、実際に表書き付きで1つの封筒の中に全て揃っていた。
宜保さんの霊視にも引けを取らないし、彼女は私よりも私に自信を持っているように思えた。
これを「勇気づけられた」というならそうかもしれない。
しかし私はにわかに自分自身への自信を更に失ってしまったような気がしてならない。
ちゃんと見つかったんだから、本来は「ほらやっぱり!」と言わんばかりに自信につながるはずなのに。

疑った根拠を知りたい。我ながら。

その夜私は気休めに鏡に向かって言った。
「あんたを疑った私が馬鹿だった」と(笑)。
私は私を許してくれただろうか。

って不思議ですな。

そんな本日のBGMは カサブランカ by Bertie Higgins
このYoutubeの映像は“君の瞳に乾杯”のセリフで有名な映画「カサブランカ」(米1942年)と重ね合わせてある。

このブログとは関係ないが聴きたくなったので。
そう。それは“君の声が聞きたくて”的な。

f0337316_20260692.jpg
あとがき
ちょうどこのブログをアップしようかという時、冒頭の「私よりも私を信じてくれてありがとう」と言ってくれた女性スタッフから1年以上ぶりのメールが来た。
つい数日前彼女のことを思い出し、なぜかこれまでただの一度も言葉に出たことのないアフリカのある街を思い浮かべた。
すると彼女のメールには数日後そこに行くことになったとある。
しかも思い浮かべたシーンまで一致していた。

私の数日前の空想と彼女の数日後の現実はシンクロしている。

って不思議ですな。

“君の瞳に乾杯”と言いたくなったらルチアーノショーのブログへ。

Photographer: Charlie

Homepage
Facebook
Twitter
Instagram
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ
専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ(過去ログ)
専属カメラマン★チャーリーの部屋(過去ログ)

ルチアーノショー
TEL : 03-3531-4851

by charlie-ls | 2015-01-29 20:51 | 【赤坂】ルチアーノショー寄稿ブログ | Comments(0)

カメラマン☆チャーリーのブログ


by チャーリー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30