「2択」のスゴさの証明。【ゲーム理論】因人のジレンマは2bitであり、2択こそが成功・失敗のスイッチだ。

またちびっ子(欧州)の宿題が回ってきたので、“愛と見返り”は先延ばしに(笑)し、少し大人のアレンジを加えてゲーム理論「因人のジレンマ」をお届けしたい。


人A,Bの2人が居る。別々の部屋で取り調べを受ける。下記の取引がもちかけられる。

2人とも黙秘:2人とも3年(2番)。
1人黙秘、1人自白:黙秘者15年(最悪)、自白者1年(最高)
2人とも自白:2人とも10年(3番)

()内は刑期だけで結果を順位付けしたもの。忠誠心や友情から得るものは考慮しない。

オペラント条件付けで言えば「刑期」は“餌“(褒美=短縮であり罰=長期である)だ。

ペイオフマトリクスで表すと下記の通り。

f0337316_12153891.png

この場合、片方が自白しようと両方が自白しようと、要は「自分の刑期が短くなれば相方の刑期が長くなってもイイ」という仲間を売る行為。

自分は黙秘して相手が自白したら最長の15年。関係が浅いほど「正直者(約束を守った方)が馬鹿を見る」と考えてしまいやすい(仲間を売る)。

重要なのは、お互いに相手を売らなかった場合は2番目に良い結果(3年)となること。これを「最高(1年)」の結果に設定すると、仲間意識が強まり自白が引き出し辛くなる。

ここまでは言わずと知れたゲーム理論「因人のジレンマ」の基本的事項。

ころで(笑)、因人のジレンマは2bitだ。

A黙秘-B黙秘:00:(0)
A黙秘-B自白:01:(1)
A自白-B黙秘:10:(2)
A自白-B自白:11:(3)

(0)なら3年、(1)ならA15年、B1年、(2)ならA1年、B15年、(3)なら10年。

$dilemma[0][1]とswitch文に置き換えると処理がイメージしやすいだろう。

仲間を売らせ自白を引き出す心理戦はたった2bitで構成されている。

各因人は自白か黙秘の2択1bit(0/1)でありコインの賭け(または相場の上がるか下がるか)と同じ。

これをギャンブルだと言う人が多いが、

2択の組み合わせ(2乗)が因人のジレンマとなり、世の中2bit、3bitもあれば大半のことが確定付けられる。

という理論に変わる。

すなわち「アタリ/ハズレ」(50%)の繰り返しが人生を左右する。
※ちなみに2bitの2倍は3bit。64bitパソコンがどのくらいスゴイのかが解る。

偏りのない2択の繰り返しであるベルヌーイ試行は収束(50:50になる)する(二項分布)。

ゼロサムゲームとして捉えると、要はアタリ側に偏っていない限り、基本的に平均(凡、並、または±ゼロ)に落ち着くようにできているということだ。

だとすれば、2択の繰り返しのどこか1回または数回でも多く当たれば人より成功するということであり、そうでない人が世の中の半数から8割を占めているということは、人はバイアス(心理・性格)によって2択を(人為的に)失敗側に偏むけてしまっていると言える。

いきつくところは性格(感情)。

自分で言うのも何だが、その究極の例が『170円ビットコイン複利トレード』だろう。

ちびっ子(欧州)の自由課題ネタ探しに始まって、途中からショーに変わった(笑)。

心を無にすれば(しなくてもできるのかもしれない)、極めて精度の高いスイッチングが可能だと証明している。我ながら。

バブルを見抜く=成功ではない 物理学者・ニュートンもタイミング見誤るには投資に失敗した天才ニュートンの話が出てくる。非常に興味深い。

宗教が栄えた2,000年もしくは数千年前からしばらくの間、世界各地で修行ブーム(精神社会)だったのも解らなくもない。理論上の確率をねじ曲げてしまうほど、人の心理が多くの判断を誤らせていることから、自分を律する必要があると考えたのだろう。

残念なことに、ヒトの判断・決断とはハズレ側に傾くばかりでアタリ側には傾かない。それはなぜなのかというのが私の近年の研究テーマだ。

これまでIQやメンサについても書いてみたが、ブログネタとしてウケを狙って取り上げてみただけで(笑)、知能指数そのものに興味があるわけではない。知能や偏差値、学力や才能、育ち、教育、情報、お金、遺伝子などがどのように人生に関わり、何をもたらしているのかこそが私の興味の対象なのだ。

と今更ながら書いてみた。

賢い人、賢くない人の特徴。IQ、学力、知識を束ねるのは性格(感情) 

続き私の天才像に近づいてきた『シャーロック』シーズン2第1話“ベルグレービアの醜聞”

チャーリー(
JAPAN MENSA会員
情報処理安全確保支援士/登録情報セキュリティスペシャリスト(RISS)

AEAJアロマテラピー検定1級
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
AEAJ認定環境カオリスタ
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
AEAJ認定アロマブレンドデザイナー
AEAJ個人正会員
JAMHAメディカルハーブ検定1級
JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター
JAMHA認定ハーバルセラピスト
【国】ITパスポート試験合格(笑)。
【国】情報セキュリティマネジメント試験合格
【国】臭気判定士
薬学検定1級試験合格
HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1試験に合格。
個人情報保護士認定試験に合格。
情報セキュリティ管理士認定試験に合格。
【公】メンタルヘルス・マネジメント検定II種(ラインケアコース)試験に合格。
Comptia Security+試験合格。
SEA/J情報セキュリティ技術認定CSPM of Technical試験合格。
【国】危険物取扱者 乙種 第4類試験合格。
【国】情報処理安全確保支援士(旧情報セキュリティスペシャリスト)試験合格。
【国】ファイナンシャル・プランニング技能検定2級試験に合格。
【国】危険物取扱者 乙種 第2類、第3類試験合格。
心理学検定1級試験合格。
【国】登録販売者試験合格。
【国】危険物取扱者 乙種 第5類、第6類試験に合格。

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)


Commented by shi-na at 2017-12-08 11:16 x
低気圧で回らない頭のまま書くのに気がひけましたが、何かの考えの足しにでもなれば。
(経済の足しにはならなくとも、脳科学か心理学か教育学あたりの)

何かの本で読んだものです。
最後通牒ゲームにて。
腹内則前頭前皮質に損傷を負った人は、自分の手取りが30%未満になった時に『不公平感』から、提案を拒否する方が多くなったとのこと。

ごめんなさい、頭痛でオチがありません。
スペースをいただきながら、有益になりそうなことが書けませんでした。
Commented by Take at 2017-12-09 00:30 x
おそらくサイコパス系の書籍からでしょうか?

脳の前頭前皮質のうち、眼窩前頭皮質と内側前頭前皮質の両方の機能が低下していると、反社会的行動の危険性が高まります。
 そしてサイコパスは、扁桃体と眼窩前頭皮質および内側前頭前皮質とのコネクティビティが弱いとされています。
 大まかに、扁桃体の異常は「感情の欠如」に関わり、前頭前皮質の異常またはコネクティビティの弱さは学習や自省、情動を抑えるといった「認知」に関わると考えられます。
d.hatena.ne.jp/zundamoon07/20170212/1486872203

横やりを入れてしまってすいません。
Commented by ahi-na at 2017-12-25 11:07 x
私が、チャーリーさんのブログで、そんなに都合よくサイコパス系の書籍を思い出すだろうか…と疑問に思ったので探してみました。

村井俊哉の『人の気持ちがわかる脳』だと思います。

ちくま新書なら、よく気分転換にバーっと読んでポーイとしているので、15日前の頭の中を回想してコレかなぁという…。
チンパンジーの方が合理的で、人間の方が利他的とかそんな感じのです。

私の頭の中は結構テキトーですし、色々言ってもらえると刺激になるのでありがたいです。
Commented by charlie-ls at 2017-12-25 12:13
こんにちは。
最後通牒ゲームについてタンブラーに書こう書こうと思いながら2週間が過ぎてしまいました。
公正世界信念を論じる上でも関連するところがあり、今後頻繁に登場することになりそうなキーワードです。

私の顔(文字)を見るとサイコパスを思い出す感じでしょうか(笑)。

いつか私のMRI、PET/CT脳画像を公開して、私の知らない私を分析していただいた方に賞金(賞品)を差し上げますというイベントを開催したくなりました(笑)。

その分析の正誤を判定する知識を持っていませんが(笑)。
Commented by shi-na at 2017-12-30 21:44 x
こんばんは。

「サイコパス」というワードが頻出するブログ=チャーリーさんのブログ…という感覚ですね。
ですので、チャーリーさんの文字を見るとサイコパスを思い出すというのは…ある意味そうかもしれません(笑)。
私の中で、チャーリーさんと言われてすぐに思い浮かぶのは、震度4の横揺れ、葉巻、コニャック、音楽、「いつものチャーリー」…でしょうか。

何かの本では、絶対音感の人の脳を調べたら、いわゆる「リラクゼーション音楽」を聴いても左脳が働いていたとか。
また別の本では、共感覚者は関連する感覚の結びつきが強いとか、神経の病気とか、DNAだとか。
私は絶対音感の色聴ですが、人に言われるまで気づかなかったので、日常生活にこれといった支障はありません。
(人の名前を殆ど覚えられない方が日常生活に支障をきたしています(笑)。)
ですので、私見では、日常生活に困らなければサイコパスでもいいと思いますけどね(笑)。

誰が正誤を判定するかは別として(笑)面白そうですね。クリスマス会的な感じで。
何はともあれ、良いお年をお迎えください。
Commented by charlie-ls at 2017-12-30 23:52
背中を押していただいたおかげさまで2017年の締めブログは『ザ・サイコパス』(仮)でいこうとこの2日合間合間に書き殴っています(笑)。

「震度4の横揺れ」は通ですね。人ごとみたいですが、通だと思います。ありがとうございます(笑)。

絶対音感は左脳で言葉として認識という説をよく聞きます。
絶対音感の色聴は、C赤、Dオレンジ、E黄、F緑、G青、A藍、H紫のようなチャクラ順でしょうか。オクターブ違いは同じ色でしょうか。下手な和音で色が濁ったりするのでしょうか。

私の感性ではハ短調のCマイナーアルペジオはボルドー、Bディミニッシュは限りなく黒に近いグレープを想像しました。

ハーモニックマイナーで速弾きしてから寝ます。その弾いてる姿がまさしくサイコパス像だと言われたら否定しません(笑)。
Commented by shi-na at 2017-12-31 13:31 x
2017年の締めブログ『ザ・サイコパス』(仮)、楽しみにしています(笑)。

絶対音感は左脳で言葉として認識…確かに音と共にドレミで聴こえますので、言葉として認識しているのでしょうね。

残念ながらチャクラ順ではありません。EとHは高音だとほとんど似た色になります。
オクターブ上がるごとに白っぽく明るく光っていき、オクターブ下がるごとに暗く湿っぽい色になっていきます。オクターブに必ずある色は、赤、青、黄色で、それ以外は音の高低や調性で変化しやすいです。
大まかには、長調ならC朱、Dオレンジ、E黄色、F黄緑、G空色、A紅、H金色、Cisがうす紫で、短調だともう少し渋みや濃さがあります。ト長調が一番透明さがあって、変ホ長調はもったりした色です。
ハ短調のCmアルペジオは静脈から出る血液みたいな黒っぽい赤で、Bdimはブルーベリーのような色です。嬰ハ短調だとボルドーに近くなります。

下手な和音…構造そのものの下手さなら、単色ずつ混ざる感じか、おかしな音だけ飛び出た感じです。
周波数の問題なら、後頭部からじわじわと側頭部に(もしくはその逆に)向かって濁る感じや、気持ち悪さが。4ヘルツ以上おかしいと黒板を爪で引っ掻いたようなゾワっとする感じが加わります。
渋谷のような人混みの音が混ざっているところは、疲れるのが早いと思います。
Commented by charlie-ls at 2018-01-02 23:41
何となくイメージに近かったです。
ということはBGMと喋っている人の声の色が合う・合わないもあるということですね。私は色としては見えませんが、キーの相性をとても気にします。
たまにチューニングがズレたような声質の人がいて(笑)、長い時間喋っていると頭が痛くなります。
空間全体で見ると、インテリアの色調、BGMのキーを色変換した色調、そこにいる人達の声のキーを色変換した色調などが一致すれば居心地が良さそうですね。
私の好みはバロックな濃い色調で、黒の中に濃い紫やワインレッドが入り、そこにオレンジゴールドのハロゲンスポットライトという空間で、ハ短調の曲が流れていればそれだけで葉巻2本くらいすすみます(笑)。
ギターのチューニングを半音下げている慣れからロ短調も好きです。
Commented by shi-na at 2018-01-25 22:29 x
こんばんは。引っ越していました。でも、都内のままです。美女とタックスヘイブン国、いつかそうなりたいです(笑)。女でも美人は大好きです。美しい造形は見ていて飽きません。
普段の生活で色聴の話はしないのでわかりませんが、私に、私が絶対音感と色聴だと教えてくれた音楽の先生も、感じる色が近かったです。

「チューニングがズレたような声質の人」、素晴らしい表現ですね、頭の中でお借りするかもしれません(笑)…(倍音音痴?のような、周波数が若干狂った感じの)そういう声は、こめかみと後頭部の辺りで滲むというか、ゆがむというか、濁るというか…いずれにせよ、だんだん視界が歪んで、頭が痛くなります。
ですので、BGMと喋っている人の声の色が合う・合わないは、あります。話している人の声とBGMの色が合うと話が聞きやすいです。
あと、自分の着ている服の色とお店のBGMとかがマッチすると、ちょっと居心地が良くなって幸せな気持ちになります(笑)。
BGMと色調の合わない声質だと、情報量が多くなるので、話を聞くことに少し集中します。

空間だと、空調音とBGMの色が合わないことが多いです。あと、空調機の音が、上手い具合にコード進行やメロディになると、頭の中で作曲したくなって、頭の中がBGMと二重構造(?)とか…。
服とBGMが合うだけでだいぶ過ごしやすいので、きっと全部合えば…音に酔わず居心地がいいでしょうね。想像するだけで幸せになれます(笑)。ありがとうございます。

黒の中に濃い紫に赤系、オレンジゴールド、ハ短調といえば、私ならラフマのp協2番です。実際のコンチェルトではなく、二台ピアノでやりましたが、黒の出やすい曲だと思います。ニ長調は神秘的な感じの配色で、結構好きです。

最近は色聴も研究が進んだからか、天才やサイコパスと同じく流行り感がある気がします。目に見えない非凡人的なものに(なれてないけど)なれればなんでも良いんですかね(笑)。言うだけならタダ的な。
メンサテストだけなら、「生きにくさ」の原因を高IQだと思いたい人とかも受験しそうですね。
私が兄のように慕ってる友人がインフルエンザにかかりましたので、チャーリーさんもお気をつけください。
Commented by charlie-ls at 2018-02-10 12:01
お引っ越し後の生活はいかがですか。

「倍音音痴」よくわかります。
こう言っちゃアレですが、声自体が音痴な人がいます(笑)。

赤坂ルチアーノショー時代は、人の喋る声とBGMのキーや周波数調整のためのイコライジングなどを徹底していました。
ソレがどのくらい心地よさに結びついていたかは不明ですが、一度その空間を経験すると、余所のレストランがノイズでしかなく落ち着いて珈琲も飲めません。

巨人病ラフマニノフの曲は女性の手には大変そうですね。
「二台のピアノ」はお一人でですか?(笑)
コムロテツヤのグランドピアノバージョンを想像しました(笑)。
ピアノ協奏曲第2番ハ短調は、中学生の頃ずっと聴いていました。お決まりのチャイコフスキーピアノ協奏曲第1番とのカップリングCDで。

高IQを何かしら理由付けに使いたがっている人は多いと思います。「だから人と合わないんだ」的な。
が、世間は「高IQなら自分で何とかできるだろう」と考えるのが自然なので、ますます距離が生じると思いますし、ソコ(周囲の反応)を推察し考えるのが高IQだろうと私は思ってみたりします。

私は風邪やインフルエンザに嫌われているようで(笑)、鼻水1滴出ません。
日常的に触れているアロマテラピーのおかげかもしれませんが。

ジャスミン・サンバックの香りがいとをかし過ぎます。
Commented by shi-na at 2018-03-26 01:40 x
こんばんは。

パタパタとした日々が続いています。先日行ったレストランがハ短調気味で、チャーリーさんを思い出しました。
引っ越し後は駅まで近くなったので、急な呼び出しに便利です。交通手段も増えたので、今年こそ庭園スタンプラリー全制覇したいです(笑)。

空間の周波数や音響、照明の心地よさは肌感覚で伝わると思うので、それを徹底したところにいたら余所がノイズになってしまうのも当然だと思います。
落ち着いて珈琲が飲めないのは大変そうですが、素晴らしい耳ですね。

ラフマ時の二台ピアノは2人でやりました。
大変かは別として…出端を挫かれますね…小人なりに泣く泣くアルペジオです(笑)。
他の作曲家でもなるべく音カットしないよう頑張ります。
手の平均がわからないので、現在の私の数字ですが、左手は手をパッと開いて親指から小指まで21.5センチ、右手は20.5センチ開きます。(身長は156センチ)
弾けなければ頭を使うだけなので、性別を気にしませんが、男性の手の大きさは、やはり、パッと開いて悠々10度弾ける24センチとかですか?
個人的には近現代の作曲家とシューマンが苦手で、モーツァルトやラヴェルみたいな、おもちゃ箱をひっくり返したような人は大好きです(笑)。

私の中でIQというものは「視力検査」や「聴力検査」と同列の認識だったので、現在の流行に驚いています(笑)。
平均的なIQでない分、相手がどの位置で話しているかを推察/理解することへ、平均の人以上のエネルギーを使っているでしょうから、疲れやすいだろうとは思います。
ですが、「生きづらさ」や「だから人合わない」というのは、IQよりも発達の問題や子供の頃の教育環境だと思うので、原因を高IQに求めるのはお門違いかなとも思います。
でも…一定以上離れると、訓練する必要もあるように感じることもあります。

アロマは良いですね、大した知識はありませんが、大好きです。
しかし現在花粉症で、口に入れるまで常飲しているジャスミン茶とほうじ茶の区別がつきません(笑)。
今月職場にいる時間が13〜16時間で、体力維持に運動も毎日1〜2時間しているので、心身の疲労や筋肉痛にお勧めの香りがありましたら、ご教授頂けるととても嬉しいです。
いやでも、コメントでは何のお礼もできませんし、難しければそれで構いませんので、ご無理なさらずに。
Commented by charlie-ls at 2018-03-28 18:04
段々「Cパーツ」が積み上がってきましたね。「ハ短調」と「サイコパス」で楽屋(?)から笑いが起きる日が近そうです(笑)。

私の手は思いっきり開いて21cmしかありませんでした。
比較的小さめの弦楽器に最適化されているようです(笑)。

私も近現代音楽はかなり苦手です。
ドビュッシーはまるで解りません。

モーツァルトはレクイエムだけ好きです(笑)。

「高知能」は自慢で使われるシーンよりも言い訳で使われることの方が多い気がします(笑)。

私は花粉症ではないのですが、今年は発症寸前というくらいリンパ全体がむくんでます。アロマで何とか持ちこたえている感じです。

心身の疲労、筋肉痛でしたらネロリとプチグレンのブレンド(5:1くらい)がオススメです。
プチグレンは眠くなるためお休み前向けです。このブレンドを色で言うとオレンジ〜黄色ですが、ネロリには第6,7チャクラのエネルギーを感じ、ほんの僅かに紫(赤紫)が入ります。

ちょうどネロリ(とローズ)の事をタンブラーに書こうとしていたところなので、もし読まれた時のために全く無関係ですと先にお伝えしておこうと思いました(笑)。
Commented by shi-na at 2018-04-10 22:35 x
何故か、コメントが弾かれてしまいます(笑)
ですので、取り急ぎお礼だけ言わせてください。
本当にありがとうございます。
繁忙期を乗り越えられそうです(笑)。
Commented by charlie-ls at 2018-04-11 12:43
こんにちは。

全くブログの設定変更等していないどころか、アクセスもしていない状態(笑)でしたので気になります。
キーワード、IPアドレス、URLの制限設定もゼロです。
もし引き続きエラーが出るようでしたら、表示されたエラーメッセージ等教えていただけますでしょうか。

ちなみにエキサイトブログのプロフィール欄は「メンタルヘルス」とカタカナで書けず「メンタルへるす」と記載しています(笑)。

そういう次元の問題が起きている気がします(笑)。
Commented by shi-na_417an at 2018-04-12 00:37
こんばんは。今までshi-naでコメントしていた者です、最終手段に出ました(笑)。
エキサイトの方の禁止に引っかかったようです。同僚にアタリをつけてもらって休憩中に書き直してみました(笑)。
変換が変なところがあると思います。

夜に行った時は思わずチャーリーさんの話をする程、私にはハ短調に近い色のレストランでした。
ブルゴーニュワインを少し渋くしたような赤い背凭れだったので、チャーリーさんには少し赤が鮮やか過ぎるかもと考えていました(笑)。

平均身長の同僚男性2人が手を測らせてくれました(笑)。
どちらも小指まで20センチでしたので、チャーリーさんの手は小さくなさそうです。
私の手は、親指から薬指までの方が長いので(笑)、手が柔らかいのかもしれません。
弦楽器弾きの手は、小指側の筋肉がよく発達していますよね。見入ってしまいます(笑)。

ドビュッシーは絵を見ている気分になります。
モーツァルトはピアノ系のハ長調とニ長調が好きで、特に「ピアノソナタ9番」、「交響曲41番の4楽章」が好きです。
フーガが好きなら41番4楽章だけでも!(笑)
バッハさんにはもう、本当にお世話になりました。

知能を測る機会も一般的に「しゅう学時けんしん」だけですし、高IQを言い訳に使うことが多いでしょうね(笑)。

先週水曜に見ました。
どちらも自宅にないので、休憩中に「生活の木」へ行き、3日ほど寝る前に試しました。
まず「寝つき」が良いです。昔から眠りに入るまでに時間がかかるので、驚きです。
同じ睡眠時間なのに、翌朝の心身の「疲労回復感」が増していて、日中の「生産性」も上がります。
何より、「心」がとても楽です。他のアロマに比べ「安心感」と「安定感」があります。
地に足ついて、感情は水にあって、心は空にある感覚です(笑)。
ネロリは実際使用して効能も香りも気に入ってしまったので、今後も時々使いたいです。どこか懐かしい香りでホッとします。
希釈されても効能が同じなら肌に使いたいくらい…って流石にそれは、ボーッとして仕事にならないですね(笑)。
こんなに素晴らしい「アドバイス」を本当にありがとうございます。
せめてお礼に感想だけでもとコメントしました。
Commented by charlie-ls at 2018-04-13 23:25
本文中の単語に加え、名前欄もひっかかっていたということですか?
コメントが少ないのはそのせいでしょうか(笑)。

郵便局レッドやフェラーリレッドは好きではありませんが、濃い赤は比較的広いレンジで好きです。
自宅のフローリングをチェリーレッドにしていたこともあります。

親指から薬指の方が長いと言うことは相当柔軟ですね。
元オリンピック新体操選手が左足を上げると左肩を通り越して右肩に近づくソレを想い出しました(笑)。

交響曲41番の4楽章、指揮棒振りたくなりますね。
交響曲は25番ト短調が好きです(笑)。

ネロリだけでしたら仕事中でも支障はないかと思います。
日本は基本1%まで希釈しますがそれでも十分な効能があります。作り置きすると揮発&酸化するため、その都度混ぜ合わせる必要がありますが。
ネロリのフローラルウォーターでしたら水溶性なのでローション等にそのまま混ざります。
プチグレンは運転禁止、機械操作禁止と説明する場合もあるほどなので外出予定のない自宅向きですね。

ジャスミンやローズはハイグレードでも好き嫌いが出るのに対し、ネロリは値段と共に正直に香りが良くなります(笑)。
プチグレンはメーカーによって全く香りが異なり、ブレンドデザイナーの講習の際出てきた聞いたことのないメーカーのものはきゅうりのような青臭さがありキライでした(笑)。
by charlie-ls | 2017-12-07 12:49 | 個人ブログ | Comments(16)

カメラマン☆チャーリーのブログ


by チャーリー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30