思考のバランス感覚。例えばEQ。例えばハンサム。

考のバランス感覚について追求してみたい。

「EQ」「コミュニケーション能力」を例に掘り下げてみる。

現段階における「EQが高い」とは、結局のところ協調性(対人関係において摩擦を生じさせない能力)を示す確率が高く、ソレが高いとどうなるかと言えば、極めて当たり障りのないただのナイスガイでしかない。

※以降は「ただのナイスガイ」であり、“ナイスガイかつ天才”とか、EQで表現できない領域の能力も併せ持った人は除外する。

ではナイスガイが社会的に優位かというとそうでもなく、ナイスガイだが役に立たないよりは、一癖あるが役に立つ存在の方がイイんじゃないかという疑問が残る。

サーフボードを持った笑顔のナイスガイと、辺り構わずWindowsを扱き下ろすスティーブ・ジョブズの比較が明快だ。社会に必要とされるのはどちらだろうか。

長年かけてEQ推進派は少しづつ主張を変え、EQとリーダーシップ(いずれは“カリスマ性”だろう)をうまく関連付けようと試みているが、元々そうあるべきであり、そもそも社会の多くのシーンでナイスガイだから人の上に立てるわけではないので、EQスコアの頂点にナイスガイがいる時点で矛盾が生じる。

社会との整合性がとれないスコアは普及しない。高くても役に立たないから。

ではEQやコミュニケーション能力をどうやって判定するのか。

は以前、「エレベーターで目が合わないよう努力しなきゃいけないほどスタッフを罵倒し解雇するジョブズでも、従業者がついてくる(同じ方向を向かせる)」点を挙げた。

これは実に深いし、オモシロイ。

更にソレが“崇拝”化すると、「スティーブ・ジョブズに罵られている自分が好き」という人もいるだろう。想像に難くない。

ジョブズに罵られても仕事が楽しい人達とは、アップルという極めて高偏差値の集団の中で、更に突出したジョブズというカリスマから「罵ってもらえる対象」(すなわち期待されている)であるという満足感によるものと考えられる。

少なくとも期待もされず無視される対象ではない「他とは違う存在」であるという自己肯定感・承認欲求が満たされるという精神構造だ。

度を変えて恋愛で考えてみたい。例えば背が高く、極めてハンサムな男性の隣にいる女性とは、一般的に平均よりも背が低く、若干ぽっちゃり気味の決して美人でない事が多い。

自己評価の低い人は、社会的評価が高い人、または世間で人気のある人から愛されるもしくは可愛がられることで自分の心を満たす傾向がある。

日頃カレからダメオンナ呼ばわりされている女性が、「お金持ち(社会的成功者)の男性に認められることで女としての自信を取り戻す」なんていうのもその1つ。

いわゆる栄光浴

※かつての女性像とは学歴も職歴も問われずただ家庭に入ることを優先させられていたため、結局のところ、「旦那がどれだけスゴいのか」に終始する傾向が少なからずあった。今もなおソレを引きずっている女性もいる。

同性達は、アイツはただ顔がイイだけだろう、背が高いだけじゃないかと指摘してみるが、顔がイイだけでも満足する女性がいる。

要は、例え性格に多少の難ありでも、顔の良さ(「頭の良さ」に置き換えることもできる)で埋め合わせることができれば、相手の女性にとっては“問題なし”と判定されるということ。

見た目がいいとイイ対応を受けられるのは美人が代表例であり、ハンサムもまた女性受付の場において絶大な効果をもたらす。


f0337316_09503739.jpg
香水の都グラース(仏)からこんにちは。グラースからもおいでおいでと誘われている。モナコ、カンヌが近い。


行前に触れた“お金持ち”も強い。お金の心配・苦労をせずに済むのなら(多くの人にとって人生最大の課題だろう)、多少のことは(相手の性格とか)目をつぶっても十分なメリットがあると考える人も多い。

簡単な例で言えば、子育てにかかる費用や住まいのことでもめないとか、さっさと友達と旅行に行ってリフレッシュしてくる等が“可能”であり、摩擦が生じる前に負荷を分散させることができる。お金が潤滑油として働いている。

よって他人との関係性(摩擦を生まない力)とは、言葉によるコミュニケーションに限らないと考えられる。

世間の多くでは、この“目に見えない*緩衝材または潤滑油”が「能力」として認知されていない(或いは除外されている)ため、いかなるテストも実社会での活躍との乖離を生む原因だと言えるんじゃなかろうか。

と私は考えている。

*美貌は目に見えているんだがなぜか除外されやすい。

IQテストしかりだ。

私の考える思考のバランス感覚とは、そういったプラスマイナスを、実社会と整合性の取れる形で適切に判定できる能力を指す。

一言で言えば、需要と供給すなわち相場の判定能力であり、“全体”を捉える力。

この辺を今後「認知」と共に追求してみたい。

 

チャーリー(
JAPAN MENSA会員
情報処理安全確保支援士/登録情報セキュリティスペシャリスト(RISS)

AEAJアロマテラピー検定1級
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
AEAJ認定環境カオリスタ
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
AEAJ認定アロマブレンドデザイナー
AEAJ個人正会員
JAMHAメディカルハーブ検定1級
JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター
JAMHA認定ハーバルセラピスト
【国】ITパスポート試験合格(笑)。
【国】情報セキュリティマネジメント試験合格
【国】臭気判定士
薬学検定1級試験合格
HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1試験に合格。
個人情報保護士認定試験に合格。
情報セキュリティ管理士認定試験に合格。
【公】メンタルヘルス・マネジメント検定II種(ラインケアコース)試験に合格。
Comptia Security+試験合格。
SEA/J情報セキュリティ技術認定CSPM of Technical試験合格。
【国】危険物取扱者 乙種 第4類試験合格。
【国】情報処理安全確保支援士(旧情報セキュリティスペシャリスト)試験合格。
【国】ファイナンシャル・プランニング技能検定2級試験に合格。
【国】危険物取扱者 乙種 第2類、第3類試験合格。
心理学検定1級試験合格。
【国】登録販売者試験合格。
【国】危険物取扱者 乙種 第5類、第6類試験に合格。。
【国】危険物取扱者 乙種 第類試験1に合格。

チャーリーのタンブラー(毎日更新、日記・ブックマーク的な)


Commented by NolI at 2018-06-29 03:29 x
チャーリーさん、こんばんは。こちらに書き込んでしまいます、タンブラーのエレベーターの記事がとても興味深かったのでつい 笑

血管は、分岐を拡大すると似た分岐パターンが見えるフラクタルといわれます。河川もそうですか。
堰やダムが弁とおなじ役割をはたすとして、生態系破壊以上のトータルでの経済効果はないようですね。いまのところ。
すぐ来ない一階のエレベータにイライラする人は運動不足として(どこにいるのが合理的かは総階数によりますが)、
私はいつも赤信号に止められ、局所最適な設計者のセンスに困惑する口です 笑。過密地域以外はラウンドアバウトでいいのですが 笑

ベルヌーイの定理といえばこの季節、一口の量が一定ならビールジョッキに泡のつく間隔がそれ。恐妻家は別かもしれませんが。
今後とも楽しい記事を楽しみにしております。
Commented by NolI at 2018-06-30 02:48 x
チャーリーさん、コメントの承認をありがとうございます。

私が注意喚起したのは、無知につけこむ人への対応です。
ベルヌーイの定理とビールジョッキの関係は、彼が正しくそれを理解したのちに、オープンwikipediaに載るでしょう 笑
(よくある誤答例に挙げられるかもしれませんが)
エレベータの位置に興味を惹かれても、待ち行列理論を検索する人は多くありません(私も検索しない一人)。

一般化するつもりないです。が、学者と呼ばれる、自称する、人に、このような例が見られるのが残念でなりません。
by charlie-ls | 2018-05-08 20:49 | 個人ブログ | Comments(2)

カメラマン☆チャーリーのブログ


by チャーリー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31